東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

組立型救急救命室を提供 県と神田産業(須賀川)20日災害協定締結

神田産業が開発した「パネル組立型ER」

 県と神田産業(須賀川市)は20日、災害時の物資調達に関する協定を締結する。協定に基づき、同社は有事の際にパネル組立型ER(救急救命室)などの緊急物資を優先的に県に提供する。
 組立型ERは軽量で強度のある段ボール製パネルを組み立てて設置する。幅3メートル、奥行き2メートル、高さ2.2メートルで可搬性や機密性に優れ、照明や空調などの設備も取り付け可能。
 熊本地震時には熊本県に支援物資として提供され、避難所となった体育館で活躍した。
 研究開発では県の救急・災害対応分野の医療機器開発推進事業に採択され、研究開発費の支援を受けた。
 協定締結式は福島市の杉妻会館で行い、畠利行副知事と神田雅彦社長が協定書を取り交わす。
 神田産業は第2回ふくしま産業賞で特別賞を受賞している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧