東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

被ばく医療で協力 福島医大が韓国原子力医学院と覚書

 福島医大は、原子力災害や被ばく医療を担当する韓国の国の機関「韓国原子力医学院」と緊急被ばく医療態勢の充実に向けた協力の覚書を締結した。低線量被ばくの健康への影響、放射線に対する地域住民の不安払拭(ふっしょく)などについて、国際的な知見を持つ医学院の科学者らから助言を受ける。
 福島医大が19日、発表した。同大が東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後に韓国の機関と覚書を結ぶのは初めて。
 同大と医学院は緊急被ばく医療対策の充実、医師をはじめとした専門家の教育・訓練などで互いに協力する。会議やセミナーなどの機会を設け、同大が原発事故後に行った被ばく医療のチームづくりや専門医育成などの取り組みを韓国の関係者に紹介する。
 福島医大は韓国の科学者らに福島の現状を伝え、正しい情報を現地で発信してもらう風評払拭のきっかけになると期待している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧