東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

町民から賛否両論 3月末避難指示解除案 浪江で懇談会

 東京電力福島第一原発事故に伴う浪江町の居住制限、避難指示解除準備両区域の解除に向けた住民懇談会は26日、町地域スポーツセンターで始まった。政府は両区域を3月31日に解除したい意向を改めて示し、住民からは賛否両論の意見が出た。馬場有町長は、早ければ来月中にも町として解除時期を判断する考えを示した。
 約130人が参加した。国、町の担当者が町内の除染や復旧の状況などを説明した。住民からは放射線量に対する不安の声が上がったほか、「解除を急いでいるようにしか考えられない。時期尚早だ」「解除には反対しないが、イノシシ対策を強化してほしい」などの意見や要望が上がった。
 馬場町長は懇談会後、報道陣に対して解除時期の最終判断のタイミングについて「できれば来月中には決めたい」と述べた。「町おこしではなく、まずは『町残し』だ。一歩ずつでも昔の町に戻していきたい」と語った。
 懇談会は今後、2月10日までに県内外9カ所で開く。政府は町民の意見を踏まえた上で、町や議会と協議し、解除時期を正式決定するとしている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧