東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

被災、復興-劇で伝える ふたば未来学園高演劇部オリジナル作品 東京初上演

演劇や復興への思いを語る(右から)松田さん、佐藤さん、平田さん

 ふたば未来学園高演劇部は4日、東京都品川区の劇場「アトリエヘリコプター」でオリジナル作品「数直線」を披露した。東京での上演は初めて。
 数直線は東京出身の生徒が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した生徒との立場の違いなどを実感しながら成長する姿や、生徒たちの日頃の思いを表現している。今年度の県高校演劇コンクールで優秀賞を受けた。東京公演は同校で演劇を指導している劇作家・演出家の平田オリザさんと平田さんが率いる劇団「青年団」の協力で実現した。4、5の両日に各2回の上演で、1、2年生16人が参加している。
 4日の1回目では原発事故による避難先での実体験や苦しみ、古里への思いなどを盛り込んだ作品を熱演した。終了後、構成・演出担当の佐藤美羽(みう)さん(2年)、出演者の松田咲良(さくら)さん(1年)、平田さんがトークを繰り広げた。佐藤さんは「劇を通じて震災や福島について考えてもらえたらうれしい」、松田さんは「(福島の現状を)劇で発信することが自分たちにできる唯一の取り組み」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧