東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

避難区域住民 高齢者の健康悪化 県民調査

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の健康への影響を調べる県民健康調査の平成27年度健康診査で、避難区域の住民のうち改善傾向にあった高齢者らの健康指標が悪化するなどの傾向が見られた。20日に福島市で開かれた検討委員会で県が示した。
 健康診査では避難区域の住民らを対象に血液や尿などを検査し、健康状態を確認している。65歳以上の27年度検査のうち、尿蛋白(たんぱく)検査で陽性の人の割合が2・8%となり、前年度を0・3ポイント上回った。尿酸値が一定値を上回った割合は9・1%で、前年度より0・2ポイント増加した。血圧や肝機能の指標もわずかに悪化した。
 福島医大放射線医学県民健康管理センターは「避難生活の長期化に加え、避難者の高齢化などの要因が考えられる」としており、検査の結果を分析して対策に取り組む方針だ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧