東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬の病院に出向 東大病院看護師若命真裕子さん

大町病院に出向している若命さん(左)

 東大医学部付属病院で主任副看護師長を務める若命(わかめ)真裕子さん(41)=神奈川県出身=は19日まで、南相馬市原町区の大町病院に出向している。県が平成28年度に開始した技術指導型在籍出向支援事業を活用した初の事例で、若命さんは「自分を前例として制度が活用されてほしい」と話している。
 若命さんは先月23日から大町病院に出向。同病院の働き手を担いながら看護師らに対して講演会を開くなどしている。東日本大震災後は厚生労働省に出向しており、その際に同病院を含む被災地を視察した経験がある。「医療現場に限らず、労働力は不足している。困っているところがあるなら支援し合う気持ちが必要」と制度の意義を語る。活用が進んでいない現状を受け、被災地に出向をしたい人材と現場とのギャップなどを体感、報告することで今後の制度活用促進につなげたい考えだ。
 同病院の藤原珠世看護部長(58)は「交流によってお互いが成長する。継続することが大事だ」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧