東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

全国の大学生ら バスで被災地巡る

浪江町の請戸小を視察する参加者

 県の「ふくしまふるさとワーキングホリデー事業」で、青森県から沖縄県までの大学生ら12人は17日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地をバスで巡った。
 復興の現状に理解を深めてもらおうと企画した。参加者はいわき市や南相馬市などで今月上旬から数週間、住み込みで働いている。猪苗代町の道の駅猪苗代を集合・解散場所に、南相馬市小高区や浪江町、川内村、三春町を訪れた。
 このうち、浪江町では津波による甚大な被害を受けた請戸小の校舎などを視察した。近畿大総合社会学部2年の藤本拓真さん(20)=和歌山県出身=は春休みを利用して事業に参加している。「非現実的なことが現実的に起きたのだと実感した。当たり前の日常がありがたく感じる」と、真剣な表情で校舎や請戸地区の姿を見つめていた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧