東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

震災後の思い演じる 磐城・磐城桜が丘 ふたば未来学園高

震災後のそれぞれの思いを描いた「数直線」を演じる、ふたば未来学園高演劇部の生徒

 磐城・磐城桜が丘、ふたば未来学園高演劇部の合同自主公演は19日、いわき市のアリオスで開かれた。
 このうち、広野町のふたば未来学園高の演劇部は創作劇「数直線」を上演した。東京電力福島第一原発事故後の日常をテーマに、生徒が脚本や構成、演出を担当した。昨年秋からいわき市や東京など県内外で披露され、今回が当面の最終ステージとなる。
 部員自らの経験に基づき、震災後の心情の変化や今の思いなどを舞台で表現した。東京からふたば未来学園高に入学した主人公のサクラは、被災地を取り巻く現状や仲間が経験し、抱えてきた葛藤や悩みを自分の問題として受け止めていく。サクラを演じた松田咲良さん(1年)は、「数直線は一人一人が持つストーリーをつなげた物語。それぞれが感じる震災への思いを表しました」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧