東日本大震災

  • Check

復興店舗 新たな一歩 いわき久之浜「浜風商店街」で降幕式

感謝の思いを込めた横断幕を掲げ、笑顔で記念撮影する浜風商店街の店主ら

 津波で大きな被害を受けた、いわき市久之浜町の商店街がプレハブの仮設店舗で営業する「浜風商店街」の降幕式は31日、現地で行われた。出店していた店舗はそれぞれの地で新たな一歩を踏み出す。
 同商店街は平成23年9月、久之浜一小の校庭内にオープンした。飲食店、理容店、鮮魚店のほか地域情報館や町商工会など計11事業所が入居し、同町の復興のシンボルとして5年6カ月にわたり地域住民に親しまれてきた。津波被災地で市が取り組む土地区画整理事業が進展して各店舗の事業再開の見通しが立ったことや、施設利用の契約が夏に終了するため解散を決めた。
 降幕式には商店街の店主、行政関係者らが出席した。既に久之浜町久之浜でスーパー「ブイチェーンはたや」を再開している商店街の遠藤利勝会長(53)は「皆さんの支えのおかげでここまでくることができた。思い出を糧に、引き続き頑張っていきたい」とあいさつした。同久之浜で老舗飲食店「からすや食堂」を再開予定の遠藤義康さん(58)らが商店街に掲げられていた幕を下ろした。
 遠藤義康さんは「一抹の寂しさが残るが、新たなスタートを切れるうれしさも大きい」と笑顔を見せた。20日には、町内に新たな商業施設「浜風きらら」が開店する。店主らは地域のにぎわい創出に向けて、再出発の決意を新たにしていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧