東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

10ヘクタール焼き鎮圧状態 浪江の帰還困難区域で山林火災

 東京電力福島第一原発事故により帰還困難区域となっている浪江町井手の「十万山」の国有林で29日夕に発生した山林火災は30日夕までに鎮圧状態となった。県は30日正午ごろ、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。
 県などによると、30日早朝から県、宮城、群馬両県の消防防災ヘリコプター3機で上空から消火作業に当たり、午前7時40分ごろいったん鎮圧状態となった。しかし、強風のため午前10時ごろ再び燃え始めた。県から災害派遣を要請された自衛隊のヘリコプターも加わり、計8機で上空から消火作業に当たり、再び鎮圧状態になった。焼失面積は10ヘクタールに及ぶとみられる。けが人はいない。県によると火災現場周辺の放射線量に大きな変化はなかった。
 県などは日没のため30日午後5時すぎに消火活動を中止した。1日早朝から消火作業を再開する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧