東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

広野に生コン工場 下越仙台陸送、工事の安全祈る

安全祈願祭であいさつする相沢会長兼社長

 セメント・生コンクリートの運送事業などを営む下越仙台陸送(本社・仙台市)が広野町の広野工業団地に整備する生コンクリートプラント広野工場の安全祈願祭は9日、現地で行われた。
 下越仙台陸送は町が東日本大震災後に誘致した企業第2号。敷地面積約8400平方メートルに生コンクリートの製造プラントと事務棟などを建設する。11月に完成、12月稼働の予定。2年後には年間5万立方メートルのコンクリート製造を目指す。当初は12人雇用するが、5年後には35人程度の雇用を見込んでいる。
 安全祈願祭には約50人が出席した。神事の後、下越仙台陸送の相沢勇栄会長兼社長が「広野町や周辺地域の復興、新しい町づくりに微力ながら貢献したい。工事の安全と建物の無事完成を願う」とあいさつした。遠藤智広野町長が「地域住民の理解を得て事業を進めてほしい」と求めた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧