東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興へ歩み発信 飯舘で10月「日本で最も美しい村連合」東北会議

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合の東北ブロック会議が10月25、26の両日、飯舘村で開かれる。東京電力福島第一原発事故後、村内で東北各地からの出席者が集まる会合が開かれるのは初めて。村は復興へ力強く歩む姿を発信するとともに、村民が古里に対する誇りを確かめ合う機会とする。
 28日に山形県飯豊町で開かれた同連合東北ブロック担当者会議で決まった。毎年秋に開かれるブロック会議には東北各地の11町村・地域から首長、議員、自治体職員、地域の代表者ら約50人が参加する。総会やパネル討論、開催地視察を行う。
 村は村交流センター「ふれ愛館」と宿泊体験館「きこり」を会場に予定している。除染廃棄物が入った袋の山や焼却減容化施設を見て原子力災害の影響を理解してもらうほか、8月12日にオープンする「いいたて村の道の駅までい館」や村民が産業再生に挑む現場の見学などを検討している。
 菅野典雄村長は「村の現状を知ってもらい、村民が美しい村の住民だと仲間意識を広げる大会にしたい」と話している。
 東北ブロック会議が県内で開かれるのは2015(平成27)年の三島町、2016年の北塩原村に続き3年連続。県内では大玉村を含む4町村が同連合に加盟している。
 東日本大震災後の同連合総会には毎年、全国の加盟町村・地域が被災地の飯舘村を支援する議案が提出され、全会一致で可決されている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧