東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

浪江の災害公営住宅「幾世橋団地」 町内初の入居始まる

馬場町長から鍵を受ける岡沼さん夫婦(左)

 東京電力福島第一原発事故に伴う一部の避難指示が今春解除された浪江町で30日、町内で初めてとなる町営災害公営住宅「幾世橋住宅団地」の入居が始まった。現地などで完成式を行った。
 記念碑の除幕やテープカットに続き、馬場有町長が入居者代表の岡沼完亮(かんりょう)さん(78)、芳子さん(74)夫婦に鍵を引き渡した。帰還困難区域の同町末森から避難していた岡沼さん夫婦は「この日を待っていた。小さい頃から浪江で育ってきたから、とってもうれしい」と笑顔を見せていた。
 入居が始まったのは同住宅団地1期工事分の22戸。木造平屋の一戸建て住宅タイプとなっている。今後、2期工事を行い、63戸が今年度中に完成する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧