東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

東電、デブリ把握へ前進 第一原発3号機調査

東京電力福島第一原発3号機の格納容器内調査で、水中ロボットが撮影した原子炉圧力容器底部の様子。制御棒駆動装置(右側)の金具が一部脱落し、ボルト穴付近にオレンジ色のような物質が確認された=19日(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力福島第一原発3号機で19日に行われた原子炉格納容器の内部調査で、東電は21日の調査を阻む障害物などはないと分析し、炉心溶融で溶け落ちたとみられる核燃料(燃料デブリ)の初確認に向け前進したとみている。一方、デブリがあるとみられる格納容器底部には損傷した構造物が堆積している可能性が高く、ロボットが進入できるかは不透明だ。
 今回の調査では格子状の鉄製足場(グレーチング)や、圧力容器下の制御棒を動かす装置の支持金具が一部脱落しているのが判明した。東電は格納容器底部の調査に当たり、ロボットのケーブルが落下した構造物に絡まないよう慎重に作業を進める方針だが、ロボットのスクリューにより浮遊物が巻き上がり視界が遮られるのも課題になるとみている。
 政府と東電は今夏に1~3号機の状況に応じたデブリの取り出し方針を決める計画だ。1、2号機ではデブリの確認ができていないため、3号機の調査でデブリの形状などを把握できれば取り出し方針の検討に役立つとみられる。
 角山茂章県原子力対策監は「落下した構造物がどれくらいあるか分からない点は懸念材料だが、デブリが確認できれば取り出しに向けた議論が進むだろう」と期待した。

カテゴリー:福島第一原発事故

東京電力福島第一原発3号機の格納容器内調査で、水中ロボットが撮影した原子炉圧力容器底部の様子。制御棒駆動装置の周辺にオレンジ色のような物質が付着しているのが確認された=19日(国際廃炉研究開発機構提供)

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧