東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

整備へ動き本格化 4町村の特定復興再生拠点

 東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域内に国の負担で整備する特定復興再生拠点を巡っては、浪江、富岡両町以外の町村も整備に向けた動きを本格化させている。

■双葉町
 双葉町は8月、整備計画を国に申請した。対象は町の1割程度に当たる約550ヘクタールで、認可されれば5年後をめどに放射線量を20ミリシーベルト以下に低減させる。2019(平成31)年度末までにJR双葉駅周辺などの避難指示を先行して解除し、町役場の一部機能を再開させる。2020年春ごろまでに特定復興再生拠点全域での解除を目指す。

■大熊町
 大熊町は今秋中の計画申請、年内の認可を目指す。2019年度末までにJR常磐線が全線開通するのを踏まえ、町中心部のJR大野駅や県立大野病院周辺を含めた計画をまとめる方針。今後、町議会や行政区長会、住民の意見を聞く。

■葛尾村
 葛尾村は野行地区の野行公民館を中心とした整備計画を今年度内にも策定する方針。

■飯舘村
 飯舘村では8月、長泥行政区の住民が宿泊施設の建設などを盛り込んだ「ミニ復興拠点」の整備計画案を村に示した。村と行政区役員が案を基にした計画をまとめ、年内を目標に県へ提出する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧