東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

楢葉の木戸川サケ漁本格化 今季初の「合わせ網漁」

今季初の合わせ網漁で水揚げされた木戸川のサケ

 楢葉町の秋の風物詩・木戸川のサケ漁が本格的に始まり、15日、木戸川漁協のやな場近くで今季初の「合わせ網漁」が行われた。
 組合員10人が、やな場から約200メートル下流に仕掛けた網に向かって、上流側からサケを追い込んだ。この日は体長約60センチのサケ約40匹が水揚げされた。
 組合によると、今年遡上(そじょう)するサケは、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で稚魚の放流ができなかった時期に自然ふ化したものがほとんどで、水揚げ量は昨年並みか、昨年より減るとみられる。組合の鈴木謙太郎ふ化場長(35)は「今年もサケがたくましく成長し木戸川に戻ってくれた。来春、稚魚を放流できるよう、大切に卵を育てたい」と話していた。
 水揚げされたサケは来春の放流に向けてふ化場で採卵、ふ化されるほか、近くの農林水産物処理加工施設で切り身やみそ漬け、イクラのしょうゆ漬けなどに加工され、販売される。サケ漁は11月中旬まで行われる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧