東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

太陽光発電を開始 楢葉の津波被災農地

発電開始ボタンを押す猪狩代表(中央)、松本町長(左から3人目)ら

 楢葉町の出資する楢葉新電力合同会社が東日本大震災の津波で被災した楢葉町波倉地区の農地に整備した大規模太陽光発電所「波倉メガソーラー発電所」が1日、運用を開始した。
 発電所の敷地面積は約260平方メートルで約5万1000枚の太陽光パネルを敷いた。年間発電量は約1万4000メガワット時で約3800世帯の年間消費電力に当たる。全量を東京電力に売電する。益金は町内のまちづくり会社ならはみらいを通じて、町民に還元する事業に充てる。
 竣工(しゅんこう)式は同日、町保健福祉会館で行われた。地権者ら約90人が出席。楢葉新電力の猪狩克栄代表があいさつし、松本幸英町長らとともに発電開始ボタンを押した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧