東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興の現状理解 ミス・インターナショナル世界大会の各国代表来県

福島第一原発の状況を聞くミス・インターナショナルの各国代表者

 第57回ミス・インターナショナル世界大会に出場する各国代表20人は11日、三春、川内の両町村を訪れ、県内の復興状況に理解を深めた。
 同大会を主催する国際文化協会が14日に東京都内で開かれる世界大会に合わせ、本県の復興の姿を全世界に発信しようと企画した。日本代表の筒井菜月さん(24)=東京都出身=をはじめ、インドやロシア、韓国などの代表が来県した。
 三春町の県環境創造センター(コミュタン福島)では、東京電力福島第一原発事故の復旧状況や放射線、本県の豊かな自然環境などについて学んだ。川内村では、いわなの郷と天山文庫を訪問。いわなの郷では伝統芸能「浦安の舞」を見学し、地域住民らと記念撮影するなどして交流を深めた。
 訪問に先立ち、国際文化協会から県に義援金5万円が贈られた。筒井さんは「海外の人は原発事故があった福島県に関心が高い。復興が進んでいて自然豊かな風光明媚(めいび)な場所だと伝えたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧