東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

来年6月、南相馬開催に向け 200日前記念で「育樹祭」

緑の少年団員と一緒にエノキの苗木を植える畠副知事(中央)

 来年6月10日に南相馬市原町区雫(しどけ)地区で催される第69回全国植樹祭の200日前記念イベント「うつくしま育樹祭」は11日、植樹祭式典会場と隣接地で開かれた。
 県などでつくる実行委の主催。22日で開催200日前を迎える植樹祭の機運を高めようと企画し、約1100人が参加した。畠利行副知事や県内の緑の少年団、鳥取県緑の少年団員らが、5月に富山県で開かれた第68回大会で本県に引き継がれたエノキの苗木などを植樹祭会場近くに植えた。
 参加者は県が東日本大震災後に植えた海岸防災林のクロマツなどの手入れや雑草の除去に取り組んだ。
 開会式で畠副知事が「植樹祭では国内外の支援に対する感謝の気持ちや本県の復興が進んでいる姿を広く発信したい」とあいさつ。斎藤卓夫県森林・林業・緑化協会長が桜井勝延市長に「森林(もり)とのきずなづくり植樹リレー」のプレートを引き継いだ。鳥取県緑の少年団員は復興を願って育てたクロマツの苗木を地元の大甕小緑の少年団員に手渡した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧