東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

4階建て、1階に診療所 双葉の産業交流センター

 東京電力福島第一原発事故による全町避難が続く双葉町は21日、避難指示解除準備区域の中野地区に整備する産業交流センターの基本構想案を町議会全員協議会で示した。
 同センターは県が整備するアーカイブ拠点施設や復興祈念公園と連携して人の流れやにぎわいを創出し、来訪者や一時帰宅する町民、就業者の交流拠点として整備する。計画では施設は4階建てで、1階にコンビニエンスストアやカフェ、診療所などを設け、2階から4階にはレストランや貸事務所などを備える。
 議員からは完成後の利用者数の見込みや維持費などについて質問があった。町は議会の意見を踏まえて12月中に構想を固め、設計に入る。
 同センターはJR常磐線が全線開通し、東京五輪などによる国内外からの誘客が見込まれる2020年度春ごろまでに整備する。
 また、全員協議会では避難指示解除準備区域の両竹地区に民間企業が建設を予定している町内初の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の事業計画が進んでいることが説明された。メガソーラーは合同会社浜通りエナジーが建設し、出力は4970キロワット。11ヘクタールの敷地で一般家庭約1900世帯分の使用量に相当する電気を発電する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧