東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

風評払拭へ情報発信学ぶ 福島で県対策会議 箭内道彦さん招く

箭内さん(中央)から効果的な情報発信を学んだ会議

 県の風評・風化対策プロジェクトチーム会議は24日、県クリエイティブディレクター箭内道彦さん(郡山市出身)を招いて福島市の自治会館で開かれ、東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)につながる情報の発信方法を学んだ。
 箭内さんは県の観光ポスター「来て」や人気グループ「TOKIO」が出演するテレビCM「ふくしまプライド。」など、これまで携わった県の広告作品に込めた狙いを説明。訴求力を高めるヒントとして、なるべく短い言葉で伝える表現や、同一のキャッチフレーズを時々のテーマと組み合わせて展開する方法などを挙げた。
 「来て」ポスターが県職員の提案で「呑んで」「住んで」などの5枚組シリーズに発展した動きを評価し、狙いを明確に持ちながら、統一的な広告を継続する重要性を強調した。
 効果的な広報戦略に生かそうと昨年度に続いて開き、関係部局の幹部約30人が出席した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧