東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬移転の相馬支援学校 2020年度授業開始

南相馬市に移転する相馬支援学校の完成イメージ図

 県教委は相馬市から南相馬市鹿島区に新築移転する相馬支援学校の新校舎での授業を2020年度に始める。24日、県教委定例会で新校舎の概要を示した。校舎面積は現校舎の約3・3倍となり、子どもたちの社会進出を後押しするため地域住民との交流スペースも設ける。
 敷地面積は約2・1ヘクタール。新校舎は鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約8400平方メートル。体育館や児童生徒の運動機能を高めるため温水プールなどを備えた水治訓練室を新設する。屋上に太陽光パネルを設置し、省エネに配慮する。高等部の生徒用に紙すきや織物、陶芸などが学べる実習室を設ける。校舎の着工は来年10月ごろの予定。総事業費は約45億円。
 同校の児童生徒数は5月現在で計94人。新校舎は最大35学級、130人程度まで受け入れが可能だという。
 相馬支援学校は1972(昭和47)年度に開校した。東京電力福島第一原発事故後、富岡町にあった富岡支援学校がいわき市に避難したことで児童生徒数が増加傾向にある。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧