東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「十日市」浪江に笑顔 原発事故後、町内で初開催 26日まで

原発事故後初めて浪江町内で催され、大勢の人でにぎわった十日市

 東京電力福島第一原発事故後初めて浪江町内での開催となる伝統の大露店市「十日市」は25日、町地域スポーツセンターで始まった。町内外から大勢の来場者が訪れ、震災前を思い出させるにぎやかな雰囲気を楽しんだ。26日まで。

 運営委員会、町商工会の主催。十日市は晩秋の風物詩として明治時代から親しまれ、毎年約300の露店が出店していた。原発事故後は二本松市で催しを継続。今年3月末、原発事故に伴う町内の避難指示が帰還困難区域を除いて解除されたことから、「復興なみえ町十日市祭」と題して町内で開催することが決まった。
 会場には約100の露店が並び、地元出身歌手のステージショー、抽選会なども繰り広げられている。町内から福島市に避難している牛渡八重子さん(76)は「こんなに人がたくさん...。少しずつ町ににぎわいが戻ってほしい」と話した。7年ぶりに十日市に出店した石井農園の石井絹江さん(65)は「みんなの笑顔に出会えてうれしい」と喜んだ。
 26日は午前10時から午後4時まで。同1時半には、芸能福島県人会長で同町出身の民謡歌手・原田直之さんが登場する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧