東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

第一原発3号機内パイプ状物体 圧力容器内装置か

東電が公表した「制御棒ガイドチューブ」と推定される画像。何らかの溶融物が付着し、側面の一部はさび落ちている(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力は今年7月に福島第一原発3号機の原子炉格納容器内で撮影したパイプ状の物体について、原子炉圧力容器内にあった装置と推定した。炉心溶融の影響で圧力容器下部が激しく損傷し、格納容器に落下したのを裏付けた格好で、溶融燃料(燃料デブリ)の取り出し手法を検討する上で貴重なデータとなる。東電が30日の記者会見で撮影した映像の分析結果を公表した。
 落下が確認されたのは「制御棒ガイドチューブ」と呼ばれる、制御棒を抜き差しする際に用いる装置。東電は形状や寸法から、パイプ状の物体をガイドチューブと推定した。何らかの溶融物が付着し、側面の一部はさび落ちていた。
 映像では、原子炉格納容器にたまっている水の水面が広範囲にわたって揺らいでいる様子も確認された。圧力容器底部が中心部だけでなく周囲も損傷し、冷却のために注いでいる水が滴り、水面を揺らしているとみられる。東電の増田尚宏福島第一廃炉推進カンパニー最高責任者は「溶融燃料は中心部だけでなく、周囲からも落ちた可能性がある」との見解を明らかにした。
 調査は水中ロボットを用いて実施し、圧力容器の底部付近で燃料デブリの可能性の高い物体が初めて確認された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧