東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

津波被災の校銘板復活 いわきの豊間中

坂本さん(右)から校銘板を受ける(左から)松本校長と三瓶会長

 東日本大震災の津波の被害を受けたいわき市の豊間中に22日、校銘板が復活した。全校生徒55人が受領式に臨み、校銘板の前で一層の活躍を誓った。
 校銘板は2002(平成14)年に同市の版画家坂本勇さん(86)=日本版画会名誉会員=が制作し、旧校舎の玄関に掲げられてきたものをリニューアルした。津波で汚れ、傷ついたが、流されることなく残っていたものを新校舎建設に伴って外し保管していた。今年11月に依頼を受けた坂本さんが修復し、2学期の終業式に合わせて引き渡した。
 受領式では坂本さんが三瓶歩美生徒会長(3年)と松本仁志校長(54)に校銘板を手渡した。坂本さんは「息子が生き返ったような気持ち。生徒には震災の経験を忘れずに生きてほしい」とあいさつした。三瓶会長は「震災を乗り越えた校銘板のように、これからの困難を乗り越えられるよう頑張りたい」と謝辞を述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧