東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

伐採控えライトアップ かしまの一本松 24日まで

惜別の花火が上がる中、ライトアップされた「かしまの一本松」

 東日本大震災の津波に耐えた南相馬市鹿島区の「かしまの一本松」が27日に伐採されるのを前に、住民有志でつくる「守る会」は23、24の両日、一本松をライトアップしている。
 23日夕方に一本松が投光器に照らされ、白く浮かび上がった。惜別の花火が十数発打ち上げられた。別れを惜しむ地元住民らが訪れ、松を写真に収めたり、松の幹の表面をなでたりしていた。24日も午後5時から同8時まで点灯する。
 27日午前10時半から現地でお別れ式を行う。「守る会」の五賀和雄会長(77)は「地域を見守ってくれた一本松に、お疲れさまとの気持ちを込めて光を当てた」と名残を惜しんだ。
 一本松は高さ約25メートル。高潮で立ち枯れた上、県の防災林整備予定地にあることから伐採される。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧