東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

2018年3月で終了 富岡町の「おだがいさまFM」

富岡町社会福祉協議会の臨時災害FM局「おだがいさまFM」のスタジオ=27日、郡山市

 富岡町が東京電力福島第一原発事故により多くの町民が避難している郡山市に開局した臨時災害FM局「おだがいさまFM」が来年3月で放送を終了する見通しとなった。町は27日までに総務省東北総合通信局に対し免許更新を求めない方針を決めた。
 東日本大震災と原発事故から6年以上が過ぎ、4月に帰還困難区域を除いて町の避難指示が解除された。少しずつだが町民の帰還が進んでいることを踏まえ、町はおだがいさまFMが臨時災害FMとして一定の役割を終えたと判断した。町は今後、町議会や町民に対し、今年度での放送終了を説明するとともに、町民に対する新たな情報提供の方策を検討する。
 おだがいさまFMは震災と原発事故により富岡町民の多くが1次避難した郡山市のビッグパレットふくしま限定で2011(平成23)年5月にミニFM局として開局した。1次避難所の閉鎖に伴い、同年8月に終了したが、町民の要望を受け、2012年3月11日、郡山市富田町のサポート拠点「おだがいさまセンター」にスタジオを設け、臨時災害FM局として放送を再開した。町社会福祉協議会が運営し、町民に身近な話題や町のイベント情報などを提供していた。

■南相馬ひばりFM 今年度末の閉局検討

 南相馬市の臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」は、市が今年度末の閉局を検討している。市から運営を委託されている栄町商店街振興組合は継続に向けて、コミュニティー放送への移行を目指してスポンサーなどを探すことにしている。
 南相馬ひばりエフエムは東日本大震災後、市の情報発信のため2011(平成23)年4月に開局した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧