東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

年内にも営業終了へ いわきの仮設店舗「とよマルシェ」

年内にも営業を終える「復興商店とよマルシェ」

 東日本大震災の津波で被害を受けた、いわき市平豊間地区の仮設店舗「復興商店とよマルシェ」が年内にも営業を終了する。
 運営に携わるふるさと豊間復興協議会によると、施設を借り受けている市との賃貸契約が来年3月で切れるためという。建物の解体作業などに時間を要するため、営業終了が前倒しになる可能性がある。
 とよマルシェは2015(平成27)年1月、地元の飲食店4店が入居しオープンした。現在営業しているのは、ラーメンや中華の「中華はまや」と郷土料理、定食などを提供する「B&Bきゅういち」の2店舗。
 同協議会の遠藤守俊会長は「復旧が進むとともに、工事関係者などの利用が年々減ってきていた。とよマルシェは復興へと歩む住民の生活を後押ししてきた」と話している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧