東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

交流施設など設置検討 飯舘・長泥の復興再生拠点

臨時総会で示された宿泊・交流施設「みんなの家」(仮称)のイメージ

 東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域となっている飯舘村長泥行政区の特定復興再生拠点について、村と行政区は住宅や宿泊・交流施設、子どもらの遊び場などを拠点内に設ける方向で検討している。28日に村交流センター「ふれ愛館」で開かれた行政区臨時総会で、整備計画の素案を示した。
 素案は村や行政区役員らの意見を基に作成した。399号国道と県道原町二本松線の交差点近くの約2ヘクタールを居住・交流の中心地とした。住宅や旧長泥小をモチーフにした木造平屋の宿泊・交流施設「みんなの家」(仮称)、自然を生かしたアスレチック施設などを配置した。
 村と行政区は素案で示した範囲以外に、環境省による除染土壌の再生利用事業で利用する農地なども特定復興再生拠点に含める方針。帰還や宅地・農地利用の意向を問う住民アンケートを基に、具体的な拠点の範囲を定める。2月25日の行政区臨時総会で拠点整備計画が住民の了承を得られれば、村が県の同意を得た上で国に申請する。鴫原良友区長は「復興に向け少しずつ明るい光が差している。住民の声を踏まえ、少しでも申請する拠点の範囲を広げたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧