東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

震災後の福島に理解 首都圏学生、スタディツアー

福島の情報発信について学生が意見を発表した報告会

 首都圏の大学生を対象にした県の「ふくしまに来て、見て、感じるスタディツアー」は15、16の両日、実施され、学生たちが福島の現状や復興の取り組みなどについて理解を深めた。
 学生たちに福島で直接感じたことをツアー中や終了後に会員制交流サイト(SNS)で発信してもらい、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)と風化防止につなげる狙い。
 上智、慶応、東洋、東京など14大学から29人が参加。Jヴィレッジや南相馬市の小高ワーカーズベース、相馬市の和田観光苺組合など浜通りを中心に視察した。
 終了後、県庁で報告会が催され、参加者が5つのグループに分かれ「福島県を訪問して感じたこと~自分たちができる情報発信」をテーマに意見を発表した。学生からは「教育旅行で福島をもっと訪れていい」「復興は地域で差がある。福島をひとくくりで考えてはいけないと思った」などの意見や感想が出たほか、「参加者でSNSのグループをつくり、福島関係のイベントや商品を友人に知らせるのはどうか」などの提案もあった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧