東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

イノシシ排除へ緊急戦略 避難区域12市町村

あいさつする山崎参事官(左)

 東京電力福島第一原発事故に伴い避難区域が設定された県内12市町村でイノシシによる被害が深刻化していることを受け、国や県、関係市町村などでつくる鳥獣被害対策会議20日、2018(平成30)年度から3年間取り組む広域緊急戦略を策定した。各市町村の実情に応じた対策を講じ、市街地からのイノシシ排除と人身被害ゼロを目指す。
 広域緊急戦略では鳥獣被害対策会議を関係機関の総合調整や情報共有の場と位置付けた。その上で、人材育成に向けた研修会を開くほか、市町村による個別計画の策定を支援するとしている。
 広域緊急戦略と一体で取り組む12市町村のイノシシ排除個別計画も決まった。電気柵の設置など市町村ごとの具体的な対策と目標を設けている。単年度の計画で、検証と見直しを繰り返して効果を高める。
 三春町の県環境創造センター(コミュタン福島)で開かれた対策会議で戦略と計画が示された。出席した復興庁原子力災害復興班の山崎速人参事官は「地域ごとに事情が違うため、柔軟に対応していく必要がある」と述べ、行政間の連携の重要性を訴えた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧