東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

特定復興拠点に認定 政府、富岡の帰還困難区域

 政府は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う富岡町の帰還困難区域の一部約390ヘクタールを特定復興再生拠点に認定した。
 大菅、夜の森駅前北、夜の森駅前南、新夜ノ森の4行政区が中心で、町内の帰還困難区域の約46%に当たる。国費で除染と社会基盤整備を一体的に進める。JR常磐線夜ノ森駅周辺は先行的に除染し、常磐線の全線開通に合わせて2020年3月末までに避難指示を解除する。
 拠点全体の避難指示解除は2023年春までが目標。計画では2028年の拠点内の人口目標を1600人としている。
 認定は双葉、大熊、浪江の3町に続き4例目。
   ◇  ◇ 
 富岡町の宮本皓一町長は9日、3月定例町議会の最終本会議の席上、計画認定を報告した。宮本町長は「計画が認定されたことにより、真の復興を目指すことができるとうれしく思う。今回、拠点とならなかった地域の再生も見据えつつ、しっかりと取り組んでいく」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧