東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

手掛かり求めて...不明者捜索 県警本部

行方不明者の手掛かりを捜す警察官=浪江町請戸

 県警本部と沿岸部の一線署などは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から7年を迎えた11日、各地で行方不明者を捜索した。警察官や消防士ら合わせて約390人が参加し、計14カ所で繰り広げた。
 津波で甚大な被害を受けた浪江町請戸の請戸川河川敷での捜索活動には、双葉署や福島海上保安部、双葉地方広域消防本部などから合わせて約60人が参加した。くわで地面を掘り起こし、行方不明者の手掛かりを捜した。松本裕之本部長が捜索の様子を視察した。
 双葉町出身の二本松署地域課の遠藤宏巡査部長(56)は志願して浪江町の捜索に参加した。「行方不明者の手掛かりを一つでも多く見つけたい」と懸命に作業に取り組んだ。
 捜索に先立ち、浪江町役場で部隊集結式を行い、警察官ら約140人が臨んだ。松本本部長が「一人でも多くの行方不明者を発見し、遺族の元に届けられるよう力を尽くしてほしい」と訓示した。
 県警によると、この日の捜索では新地町釣師浜の海岸で骨片のような物3点を発見した。人の骨かどうかを調べる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧