東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

相馬農高飯舘校 「飯舘村立」で存続示す

 飯舘村は26日、2018(平成30)年度から生徒募集を停止している村内の相馬農高飯舘校を県内初の村立高として存続させ、2021年春の開校を目指す方針を村議会全員協議会で示した。議会側は教育内容などで議論を深める必要があるとして結論には至らず、大型連休明けに開く村臨時議会で、村の設置計画案を改めて審議する。
 関係者によると、村は現校舎を解体して敷地内に新校舎と生徒の寮を新設する案を示した。「食」と「農」を柱としたコースを設け、一学年の定員は30人と定めた。校舎、寮の建設費や年間の維持管理費の試算を示し、国の交付金、太陽光発電所の売電収益、全国の支援者から寄付金を募るクラウドファンディングなどで財源を確保する考えを説明した。
 村議からは村立による存続について異論はなかったが、生徒確保のため教育内容をより特徴的にする必要性や財源確保の具体的な見通しを示すよう求める意見が出た。
 県教委は村、国と検討協議会を設立し、昨年11月から飯舘校の再開について議論してきた。村は支援企業の代表者や教育関係者による「相農飯舘校の再生を考える会」を独自に設け、「県立」「村立」で存続する場合の利点や課題を探ってきた。
 飯舘校は東京電力福島第一原発事故後、福島市の福島明成高にサテライト校を置いている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧