東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

川内選手、村民と交流 川内の郷かえるマラソン

開会式でボストン・マラソンの優勝メダルを掲げる川内選手(右)。左から美加さん、鴻輝選手、鮮輝選手、吉田選手

 川内村で28日に開かれた第3回川内の郷かえるマラソンでは、16日のボストン・マラソンで日本勢31年ぶりの優勝を果たした川内優輝選手(埼玉県庁)がゲストランナーとして参加し、村民との触れ合いを楽しんだ。
 川内選手は東日本大震災後の2013(平成25)年12月にイベントで村を訪問したことをきっかけに村との交流が始まった。第1回から3年連続で参加している。
 川内選手は大会前日、午後9時まで公務員の業務をこなし、郡山市に1泊して会場に駆け付けた。体調は万全ではなかったが、順位がつかないゲストランナーとして参加したハーフマラソンでは、1時間5分54秒の圧倒的な走りを見せ、沿道の村民を沸かせた。
 開会式ではボストン・マラソンの優勝メダルを披露。来場者からのサインや写真撮影の求めにも快く応じた。遠藤雄幸村長は「川内選手のおかげで多くの人が村に来てくれた。全力を出し切る姿は村の子どもたちの心に残ったのではないか」と語った。
 他のゲストランナーとして川内選手の母の美加さん、弟の鮮輝選手と鴻輝選手、TEAMR×Lの吉田香織選手が参加した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧