東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

いこいの村なみえで植樹 民報社寄贈アカマツ

植樹式に臨む(左から)遠藤常務、宮口副町長、緑さん、紺野議長、馬場校長、紺野さん、畠山教育長、早川局長。手前はなみえ創成小の児童

 県内市町村の地域づくりを後押しする福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の記念植樹式は21日、浪江町の福島いこいの村なみえで行われ、福島民報社が贈ったアカマツを植えた。
 福島民報社の遠藤義範常務、早川正也浜通り創生局長と宮口勝美副町長、紺野栄重町議会議長、畠山熙一郎町教育長、なみえ創成小の馬場隆一校長、児童代表の紺野琉美子さん(5年)、緑美沙さん(4年)らがスコップで苗木の根元に土をかぶせた。
 遠藤常務が「6月10日に南相馬市で開かれる全国植樹祭を前に皆さんと植樹ができて感慨深い」とあいさつした。宮口副町長は「復興をずっと見守る木として児童の皆さんと共にすくすくと成長してほしい」と願った。
 プロジェクトは福島民報創刊125周年記念事業の一環。全国植樹祭との連携事業として森林や里山保全の機運を盛り上げる。県と県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力。
 植樹式は浪江町で57市町村目。今後、大熊、双葉の両町で行う。
 植樹式終了後、全国植樹祭に向けた「森林(もり)とのきずなづくり植樹リレー」のプレート引き継ぎ式が行われた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧