東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

新庁舎建設工事で安全祈願祭 大熊町

くわ入れする渡辺町長

 大熊町の町役場新庁舎建設工事の安全祈願祭は24日、東京電力福島第一原発事故で居住制限区域となっている町内大川原地区で行われた。来年3月末の完成と、同4月中の開所を目指す。
 町職員や町民ら約50人が出席した。神事を行い、渡辺利綱町長がくわ入れした。鈴木光一町議会議長らが玉串をささげた。渡辺町長は「新庁舎が復興のシンボルとして町政の中核を担うと同時に、憩いの場として末永く町民の皆さんに親しんでもらえることを期待する」とあいさつした。
 新庁舎は2階建て。町長室や議場、交流スペースと大会議室を一体的な空間とした「おおくまホール」などが入る鉄骨造りのA棟がメインとなる。防災・備蓄倉庫や災害対策会議室を備えた鉄筋コンクリート造りのB棟や倉庫を建てる。庁舎前には防災広場「みんなの原っぱ」を設ける。
 建築面積は3715平方メートル、延べ床面積は5457平方メートル。工事費は約27億4118万円。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧