東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

双葉、浪江の復興祈念公園 方向性、活用法探る 福島で有識者らシンポ

復興祈念公園の整備について意見を交わす(左から)市岡、長林、金田、本間の各氏

 国、県が双葉、浪江両町に整備する復興祈念公園を考えるシンポジウムは2日、福島市のこむこむで開かれた。整備の方向性や活用方法などについて、有識者や町の関係者が意見を交わした。

 約180人が参加し、基調講演と意見交換を行った。基調講演では、東大大学院工学系研究科の横張真教授が「公園が復興の現状や震災の教訓を発信するには、周辺のまちづくりと一体となった取り組みが必要」と指摘。伝統行事の発表や花の植栽など、地域住民がさまざまに活用できる公園づくりを提案した。
 意見交換では、日大工学部の市岡綾子専任講師と長林久夫名誉教授、双葉町の金田勇副町長、浪江町の本間茂行副町長が登壇した。このうち、長林名誉教授は「若い世代が公園の管理・活用に関われる仕組みをつくるべき」と提言した。金田副町長は公園と一体になった特定復興再生拠点の整備を進め、来県した人が県内各地を巡る際に最初に訪れる場所となるよう目指す考えを示した。
 国と県は今後、シンポジウムや意見公募での提案を基に2018(平成30)年度中に復興祈念公園の基本計画の検討を始める予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧