東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

麓山神社の完成祝う 8月15日に8年ぶり火祭り復活 富岡

奉告祭で本殿と社務所の再建を祝う関係者

 約400年の歴史がある伝統行事「麓山の火祭り」で知られる富岡町の麓山神社で16日、東日本大震災で被災した本殿と社務所の落成式が行われた。出席者が8月15日に8年ぶりに復活する火祭りに向け決意を新たにした。

 麓山神社は震災の地震に伴い境内の石段や鳥居が崩れ、本殿や社務所も大きな被害を受けた。2014(平成26)年から除染と合わせ本殿の改修や社務所の新築などの再建工事を進め、4年がかりで完成させた。
 奉告祭に続く落成式で氏子総代長の坂本寿昭さんが「地元産の木材を使い、丈夫な建物を再建することができた。神社を町の復興につなげたい」とあいさつ。宮本皓一町長らが祝辞を述べた。
 火祭りは、たいまつを担いだ若者が標高330メートルの麓山を駆け上る勇壮な祭りで、県の重要無形民俗文化財に指定されている。震災後は中断していたが、今年は8年ぶりの復活に向け準備が進んでいる。
 坂本さんは「たいまつを担いでくれる若者がどの程度集まるか分からないが、参加を広く呼び掛けて盛大な祭りにしたい。復興の火祭りとして県内外に発信する」と話していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

再建した社務所(手前)と本殿(奥)を見学する関係者

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧