東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

キリンと産品振興協定 県、一体で風評払拭目指す

締結式で県産品振興を誓う内堀知事(右)と溝内執行役員
 県とキリンは10日、県産農林水産物の販路拡大に向けた連携協定を締結した。同社は来年、全国展開している飲食チェーン店で県産品料理を提供するフェアを開催する方針で、県と一体で風評払拭(ふっしょく)を目指す。  県が食品メーカーと県産品振興の連携協定を結...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

地元食材販路拡大目指せ いわきユナイトが地域商社事業を展開

イタリア野菜を用いた料理を実演する奥田さん(右)
 いわき市のコンサルティング会社いわきユナイトは今月から、いわき産食材をブランド化し、県内外への販路拡大を目指す「地域商社」事業を新たに展開する。  地域商社とは、地域に眠る魅力ある産品やサービスを掘り起こし、新たな販路の開拓に取り組む事業者などを指...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

復興への方策議論 ICRP対話集会 市民、研究者ら参加 伊達

県内の現状や復興方策に意見を交わす参加者
 国際放射線防護委員会(ICRP)の協力で実施した対話集会「私たちの未来のために、私たちに必要なこと」の最終日は9日、伊達市役所で開かれた。東京電力福島第一原発事故後の県内の現状や復興への方策などを語り合った。  伊達ダイアログセミナー実行委員会の主...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

海自護衛艦を公開 震災後、相馬港に初入港

甲板で「すずつき」を見学する来場者
 海上自衛隊の護衛艦「すずつき(全長151メートル)」は9日、新地町の相馬港3号ふ頭に入港し、一般公開された。大勢の来場者が甲板に上がって見学し、護衛艦への理解を深めた。  東日本大震災後、護衛艦が相馬港に入港したのは初めて。来場者は艦上で機関砲装置...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

森林資源量 空から調査 県が支援検討 県産材販路拡大へ

 県産材の販路拡大を目指し、県は来年度にも、航空計測技術を使って民有林の資源量を調査する市町村や森林組合を財政支援する方向で検討に入った。県の補助を受けた市町村や組合はセスナ機で上空からレーザーを照射する手法で樹木の高さや本数を調べる。資源量のデータ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

デブリ撮影できるか 第一原発3号機の格納容器調査

 東京電力が今月中旬にも開始する福島第一原発3号機の原子炉格納容器内部調査は、事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の実態を把握できるかが最大の焦点となる。東電は今春に1、2号機を調査したが、デブリは撮影できなかった。専門家は「調査で有力な情報が得られ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「帰還」テーマに対話集会 伊達でICRP

避難指示解除後の農業の現状を発表する(左から)広野さん、菅野源勝さん、高橋さん、菅野クニさん
 東京電力福島第一原発事故を受けた国際放射線防護委員会(ICRP)の対話集会「ダイアログセミナー」は8日、伊達市役所で始まった。原発事故に伴う避難が長期化している現状を踏まえ、「帰還」をテーマに9日まで開く。  ICRP委員や農業従事者、市民ら約80...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

海岸のクロマツ保全 いわきでみずほグループ

クロマツ周辺の雑草を取り除く参加者
 みずほの森プロジェクトの森林保全活動は8日、いわき市平下大越の新舞子海岸で行われた。  みずほフィナンシャルグループの主催。同グループは東日本大震災の復興支援として平成26(2014)年から3回にわたり、海岸防災林として約1万4000本のクロマツを...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東電に早期判断要請 第二原発廃炉 復興相

 吉野正芳復興相(衆院本県5区)は7日、東京電力の川村隆会長、小早川智明社長と復興庁で会談し、東電福島第二原発の廃炉を早期に判断するよう要請した。川村会長は会談後、記者団に対し「(第二原発の廃炉を)地元から何度も要望いただいているのは承知している。経...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

県内公立校耐震化率 94.1% 全国46位 120棟が未改修

 4月1日時点の県内公立小中学校の耐震化率は94・1%で、全国平均を4・7ポイント下回った。昨年度より3・8ポイント改善したものの依然として対応が遅れており、全国47都道府県の中では3年連続で46位だった。全2025棟で耐震診断は完了したが、120棟...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

詐欺容疑に切り替え送検 復興補助金不正受給事件

 東京電力福島第一原発事故の復興支援事業に伴う補助金不正受給容疑事件で、福島署は7日、補助金適正化法違反容疑で逮捕した福島市のNPOほうらい副理事長で会社役員の高荒弘志容疑者(60)=福島市蓬莱町=を法定刑の重い詐欺容疑に切り替えて送検した。法定刑が...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

2019年度末までに解除検討 JR双葉、大野、夜ノ森駅周辺避難指示

 原子力災害現地対策本部の高木陽介本部長(経済産業副大臣)は6日、JR常磐線浪江-富岡駅間(20・8キロ)の2019(平成31)年度末までの運転再開に合わせ、区間内にある双葉駅(双葉町)、大野駅(大熊町)、夜ノ森駅(富岡町)周辺の東京電力福島第一原発...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

浪江町加倉にローソン 大熊出身植杉さん出店

再開した店内で作業する泰介さん(左)、美咲さん
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の一部が3月末に解除された浪江町加倉の114号国道沿いに6日、コンビニエンスストア「ローソン浪江下加倉店」が開店した。大熊町出身のオーナー植杉泰介さん(27)、店長を務める妹の美咲さん(23)は「地域に愛される...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

塩で土壌セシウム除去 佐藤福大教授が研究成果発表

放射性セシウム除去に関する研究成果を発表する佐藤教授
 福島大の佐藤理夫共生システム理工学類教授は5日、日本曹達(本社・東京都)が開発した塩を使い、比較的低温の状態で土壌から放射性セシウムを除去できるとの研究成果を発表した。  東京電力福島第一原発事故に伴う除染で生じた大量の土壌から放射性セシウムを分離...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

飯舘中生が揮毫 八木沢トンネル銘板文字

八木沢トンネルの銘板の文字を揮毫する生徒
 東京電力福島第一原発事故に伴い福島市飯野町の仮設校舎で学ぶ飯舘中の生徒は5日、2018(平成30)年7月までに開通予定の八木沢トンネル(南相馬市原町区大原-飯舘村八木沢、延長2345メートル)の銘板の文字を揮毫(きごう)した。  トンネルは県道原町...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

県産品安全発信誓う 「今を語る人」県外派遣事業

派遣開始を前に、風評払拭への意欲を語る講師
 県産品への風評の払拭(ふっしょく)を目指す県の「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業のキックオフイベントは4日、福島市の民報ビルで開かれ、講師陣が正確で効果的な情報発信を誓った。  事業は県内で農林水産業や食品加工業などに携わる人材を講師とし、消費者...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

川内の現状を視察 タイ石油公社

カフェで懇談する岩本社長(左から2人目)と遠藤村長(同3人目)ら
 天然ガスや原油の探査、生産などを担うタイ石油公社(PTT)の関係者は4日、公社が運営する川内村のカフェチェーン店「カフェ・アメィゾン」を訪問した。約70人が川内の現状などに理解を深めた。  公社の「日本の先端クリーンエネルギー視察団」の一環。2日か...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

放射性物質対策を強化 国内外に安全性アピール 県GAP

 県が独自に創設する農産物安全認証制度「県GAP(仮称)」は、放射性物質対策が柱の一つとなる。生産者が取り組む項目は作物ごとに異なるが、コメの場合は放射性物質吸収を抑えるカリウムの適正使用などを盛り込む。県は11日に農業団体を交えた協議会で創設を諮り...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

楢葉町に定住促進 奨励金制度の初交付式

松本町長から目録を受ける猪狩さん(左)
 楢葉町内に住宅を取得した子育て世帯、若年夫婦世帯への奨励金制度を新設した楢葉町の初の交付式は4日、町役場で行われた。  松本幸英町長が、今年春に町内で住み始めた会社員猪狩明弘さん(35)に目録を手渡した。猪狩さんは富岡町出身で、東京電力福島第一原発...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

専門家加わり情報提供を いわきで第一原発廃炉フォーラム

専門家が情報提供に加わる意義を語るバレット氏
 東京電力福島第一原発の廃炉を考える福島第一廃炉国際フォーラムは3日、いわき市のいわきワシントンホテル椿山荘で国内外の専門家による講演やワークショップを繰り広げ閉幕した。スリーマイル島原発事故の廃炉を指揮した元米国原子力規制委員会(NRC)職員のレイ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島の責任を果たす」 東電福島復興本社大倉代表が訓示

社員に訓示する大倉代表(右)
 東京電力の大倉誠福島復興本社代表は3日、富岡町の福島復興本社で就任後初めて社員に対し訓示した。  大倉代表は約80人を前に「体制は変わったが、福島の責任を果たすことが私たちの存在意義で、最優先すべきことに変わりはない。この地域で起きている変化に対応...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

復興向け官民一丸 「福島相双推進機構」合同チーム発足

新体制発足で訓示し、職員にさらなる奮起を呼び掛ける福井チーム長(右)
 福島復興特措法の改正に伴い、職員全員が公益社団法人「福島相双復興推進機構」の所属となった福島相双復興官民合同チームの新体制発足式は3日、福島市のユニックスビルで行われた。福井邦顕チーム長は「福島の復興に向け、より一層まい進してほしい」と訓示した。 ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

広野で福島第一廃炉フォーラム 住民不安点など指摘

廃炉に関する不安や要望を記入した色紙を掲げる参加者
 東京電力福島第一原発の現状や廃炉に向けた課題への理解を促す福島第一廃炉国際フォーラムは2日、広野町中央体育館で開幕した。初日は地元住民向けの討論などを通して廃炉の現状への疑問や不安に意見を交わした。廃炉を技術面で支援する原子力損害賠償・廃炉等支援機...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

新たな連携探る 第1回産業賞受賞企業つどい

連携に向けて意見を交わす(左から)早川専務理事、鈴木社長、須藤理事
 郡山市の栄楽館ホテル華の湯で2日に開かれた第1回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)の受賞企業のつどいでは、参加した15社・団体の代表者ら21人が、それぞれの特徴や強みを生かした新しい連携事業を積極的に提案し合った。  サッカーJリー...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

漁再開目指しアユ釣り 浪江の室原川・高瀬川漁協 放射性物質調査で

浪江町の川でアユを釣る組合員
 浪江町の室原川・高瀬川漁業協同組合は1日、魚の放射性物質モニタリング調査のため、町内の川でアユを釣った。  2012(平成24)年から毎年、組合員5人程度がモニタリング調査を実施してきた。東京電力福島第一原発事故による町内の避難指示が3月末に帰還困...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

楢葉北小旧校舎解体前に見学会 卒業生ら別れ惜しむ

母校の黒板に感謝の気持ちをつづる卒業生
 老朽化や東日本大震災の被害に伴い解体される楢葉町の楢葉北小旧校舎の見学会が1日、現地で行われ、卒業生らが思い出の校舎との別れを惜しんだ。  町教委が慣れ親しんだ学びやを記憶に刻んでもらおうと企画した。旧校舎は1969(昭和44)年に建設された。旧校...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

震災後の漁業者描く 福島で「新地町の漁師たち」上映開始 映画、美術で復興に力

映画への思いを語った(右から)山田さん、和合さん、小野さん
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の漁業者に迫った記録映画「新地町の漁師たち」の上映が1日、福島市のフォーラム福島で始まった。7日まで。初日は監督の山田徹さん、出演した新地町の漁師小野春雄さん、市内の詩人和合亮一さんが舞台あいさつした。  約...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東電元会長ら無罪主張 原発事故強制起訴初公判

 東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長(77)ら東電旧経営陣3被告の初公判は30日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。3被告は事故について謝罪した上で「大津波を予見するのは不可能だった」と無罪を主張し、...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

浪江の災害公営住宅「幾世橋団地」 町内初の入居始まる

馬場町長から鍵を受ける岡沼さん夫婦(左)
 東京電力福島第一原発事故に伴う一部の避難指示が今春解除された浪江町で30日、町内で初めてとなる町営災害公営住宅「幾世橋住宅団地」の入居が始まった。現地などで完成式を行った。  記念碑の除幕やテープカットに続き、馬場有町長が入居者代表の岡沼完亮(かん...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

県産米、全量検査在り方協議 夏にも県継続、縮小方向探る

 県産米の放射性セシウム濃度を調べる全量全袋検査を巡り、県は今夏にも、市町村や農業関係団体を交えた協議会を設け、今後の在り方について議論を始める。2年連続で食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えるコメは出ていないため、検査の縮小を求め...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

民報創刊125周年記念事業こどもの夢プロジェクト 30日締め切り

 福島民報社の福島民報創刊125周年記念事業「かなえよう こどもたちの夢プロジェクト-GO!GO!GO!-」の「将来の夢」の募集は、30日で締め切られる。  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から7年目に入る中、未来を担う県内の小学生から「夢」を...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

新春に「第九」歌おう 本名徹次さんタクト 7月から講座開講

参加を呼び掛ける作田会長(右)と岡野さん
 郡山市の「みんなで歌う第九の会」は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を祈念する演奏会「新春の第九」を来年1月8日午後2時から郡山市民文化センターで開く。一緒に歌う参加者を募っている。郡山市出身でベトナム国立交響楽団音楽監督兼主席指揮者...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東電元会長ら30日初公判 原発事故強制起訴

 東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長(77)ら東電旧経営陣3人の初公判は30日午前10時から、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれる。原発事故を引き起こした大津波を予見できたかが最大の争点だが3人は「想定外...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

復興へ歩み発信 飯舘で10月「日本で最も美しい村連合」東北会議

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合の東北ブロック会議が10月25、26の両日、飯舘村で開かれる。東京電力福島第一原発事故後、村内で東北各地からの出席者が集まる会合が開かれるのは初めて。村は復興へ力強く歩む姿を発信するとともに、村民が古里に対する誇...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

各首長、廃炉や賠償要求 東電幹部が南相馬など5市町村訪問

桜井市長から要求書を受ける小早川社長(右から2人目)。左は細田議長=南相馬市役所
 東京電力の小早川智明社長ら幹部は28日、南相馬市や川俣町など5市町村の首長を訪ねた。各首長からは福島第二原発の廃炉や自治体賠償の早期支払いなどを求められた。  南相馬市の桜井勝延市長からは、地域コミュニティーの崩壊などによる精神的苦痛の賠償、被害実...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

チェルノブイリ被災の歌手 避難中の子どもたちにエール

演奏終了後、熊町、大野両小の児童と記念撮影するグジーさん(前列左から4人目)
 幼い頃、チェルノブイリ原発事故で被ばくしたウクライナ出身の歌手ナターシャ・グジーさんは28日、大熊町の熊町、大野両小が仮校舎を置く会津若松市の旧河東三小を訪れた。自らの被災体験を語るとともに、美しい歌声を披露し、聴衆を元気づけた。  グジーさんはウ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東電社長「早く進める」 自治体財物賠償基準

伊沢町長から町有財産の損害賠償に関する要望書を受ける小早川社長(左)
 東京電力の小早川智明社長ら幹部は27日、東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く双葉、大熊など双葉郡6町の町長を訪ねた。双葉町の伊沢史朗町長との会談では、福島第一原発事故に伴う自治体の所有財産に対する損害賠償基準を早急に示すよう求められたが、小早川...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

屋根カバー部材搬入 第一原発3号機燃料取り出し

陸揚げされる屋根カバーの部材=27日午前(代表撮影)
 東京電力は27日、福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しに向け、原子炉建屋上部に設置する屋根カバー部材の原発構内への搬入を始め、報道陣に公開した。8月から取り付けを開始し、2018(平成30)年度半ばにも燃料の取り出しに着手する...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「南相馬」「広野」「川内」魅力発信 CM製作キャンプと連動

3市町村の魅力発信を誓う(左から)阿部、遠藤雄幸、桜井、遠藤智、石黒、岡本の各氏
 福島市のNPO法人ドリームサポート福島は、8月を中心に南相馬市、広野町、川内村で開かれる「クリエーティブサマーキャンプ」と連動し、各市町村の魅力を県内外に発信する。若手クリエーターらが地域の魅力をまとめたCM製作に挑むキャンプの様子を、新聞紙面やテ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

漁獲量、昨季の倍に 相馬双葉漁協の試験操業

松川浦漁港に水揚げする漁業者
 相馬双葉漁協による試験操業で、今シーズン最後の沖合底引き網漁が26日、相双沖で行われ、相馬市の松川浦漁港に水揚げされた。今シーズンの漁獲量は昨シーズンの約2倍の1036トン(昨シーズンは532トン)となった。  最終日は底引き漁船22隻がヒラメ、カ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

帰還環境整備に31億7500万円 復興庁の福島再生加速化交付金

 復興庁は26日、福島再生加速化交付金4事業の計48億8400万円の配分先を発表した。  帰還環境整備事業は県と17市町村に計31億7500万円を交付する。交付先と交付額は【表(1)】の通り。事業費との差額分は震災復興特別交付金を活用する。災害公営住...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「できる限り早く判断」 第二原発廃炉時期は示さず 東電新会長

内堀知事の福島第二原発の廃炉要請に対し、見解を述べる小早川社長(右)。中央は川村会長=県庁
 23日の株主総会を経て新体制となった東京電力の川村隆会長、小早川智明社長は26日、福島民報社のインタビューに応じ、福島第二原発の廃炉の可否について「できる限り早く判断する」と述べ、早期判断を目指す考えを示した。ただ、具体的な時期は明言しなかった。内...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

原子力災害時の避難患者 県、茨城 相互受け入れ

 原子力災害時の「災害弱者」(要配慮者)の広域避難受け入れで、県は今年度内にも茨城県と相互協力関係をつくる。東京電力福島第一、第二原発周辺の病院や福祉施設のうち、県はいわき市内の入院患者・入所者の避難先を茨城県内に、茨城県は日本原子力発電東海第二原発...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

双葉郡に心のケア拠点 県、年内に出張所新設

 県は年内に東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災者をサポートする「心のケアセンター」の出張所を双葉郡内に新設する。原発事故に伴う避難指示の解除や住民の帰還状況を踏まえ、より身近な場所に支援拠点を整備する。  センターは、県が県精神保健福祉協会...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

この学校に毎日通いたかった 飯舘の仮設小児童 古里の小学校見学

飯樋小の教室で席に着く児童。机にはテストの答案用紙が残されていた
 東京電力福島第一原発事故で川俣町に移転している飯舘村の草野・飯樋・臼石合同仮設小の児童は24日、原発事故後初めて村内の各小校舎を見学した。全校児童51人が本来通うはずだった学びやをしっかり目に焼き付け、「飯舘っこ」の自覚を新たにした。  児童はふる...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

海岸林の再生願い イオン新地でクロマツ植樹

成長を願いクロマツを植える参加者
 イオンの「イオン心をつなぐプロジェクト」によるクロマツの植樹は24日、新地町の埓浜防災緑地で行われ、参加者は海岸林の再生を願いクロマツ約4000本を植えた。  イオンが被災3県で展開している「東北復興ふるさとの森づくり」事業。町内外やイオングループ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

やぐら集めた祭り、町民総出の運動会... とみおかプラス会議 復興へアイデア

富岡町のにぎわい創出などに向け、アイデアを出し合う参加者
 富岡町のまちづくり会社・とみおかプラスの第1回とみおかプラス会議は24日、町文化交流センター「学びの森」で開かれた。まちづくり参画を希望する「とみおかサポーター」による会議で、参加者は町の復興に向け、地域に新たな魅力をプラスする知恵やアイデアを出し...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

デブリ取り出しへ試験 IRIDと東芝、模型使用 楢葉で現場公開

コンクリートを模型に流し込む設備の一部
 国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝は23日、東京電力福島第一原発からの溶融燃料(燃料デブリ)取り出しに向け、楢葉町の楢葉遠隔技術開発センターで、原子炉建屋の一部を再現した模型を使い破損部分を補修する試験を前に、現場を公開した。試験は24日に行う...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

復興願いアユ放流 富岡川漁協が1万2000匹

アユを放流する(右から)猪狩組合長、宮本町長
 富岡町の富岡川漁協は23日、町内の富岡川にアユ約1万2000匹を放流した。東京電力福島第一原発事故に伴う同町の避難指示の一部解除後は初めて。  原発事故後は生態系維持のために2013(平成25)年から実施している。組合員、町民ら約30人が町内の今村...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

県議会代表質問入り 避難計画着手は5割

 6月定例県議会は22日、代表質問に入った。古市三久(民進・県民連合、いわき市)、神山悦子(共産、郡山市)の両議員が東日本大震災からの復興や県の取り組みなどについて質問した。23日は太田光秋議員(自民、南相馬市・相馬郡飯舘村)が登壇する。  東京電力...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

来年中の帰還目指す 大熊の大川原、中屋敷地区

 大熊町の渡辺利綱町長は22日、2018(平成30)年中に大川原地区(居住制限区域)、中屋敷地区(避難指示解除準備区域)の避難指示解除と、両地区の町民の帰還開始を目指す考えを明らかにした。渡辺町長が報道陣の質問に答えた。これまでは解除時期の目標を20...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

山木屋郵便局再開へ 日本郵便方針、時期は未定

中江支社長に要望書を手渡す佐藤町長(左)
 日本郵便の中江紳悟東北支社長は21日、東京電力福島第一原発事故に伴い休業している川俣町の山木屋郵便局の再開を目指す考えを示した。  仙台市の同支社で佐藤金正町長の再開要望を受け、「時期は未定だが再開は考えている。地区の復興を盛り上げられるようにした...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

県漁業復興協が承認 原発から10~20キロ シラス、サワラ漁

 県地域漁業復興協議会は21日、いわき市で開かれた。7月に再開する相馬双葉漁協の今季のシラスとサワラの試験操業について、東京電力福島第一原発から半径10~20キロ圏内も操業対象とすることを承認した。29日の県漁協組合長会議で正式に決める。  相馬双葉...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

福島の魅力動画でPR 首相官邸国際広報室

 首相官邸の国際広報室は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した県内の復興状況や魅力を広く発信する訪日外国人向け動画「Friends Of Japan-FUKUSHIMA」を制作し、インターネット動画サイトに掲載した。  ドイツの写真家ソルベ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

阿武隈山系にソバ 遊休農地で生産拡大へ 蕎麦王国協議会

前列右から菅野、早川の両氏。後列右から猪股、安部の両氏
 県内のそば店や関係団体でつくる「うつくしま蕎麦王国協議会」は県産ソバの生産拡大に向け、阿武隈山系の遊休農地を活用して作付面積を増やし、生産農家の収入増や収穫量と価格の安定化につなげる。  目標とする作付けの規模や時期など詳細は今後詰めるが、協議会は...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

ブラジルで感謝の唄 県民謡連盟佃会長が7月訪問

任命書を手に抱負を語る佃会長
 県民謡連盟の佃光堂会長(64)=田村市常葉町=は7月6日から19日まで日本民謡協会公式訪問団の一員としてブラジルを訪問し、各地で開く公演で福島の民謡を披露する。「東日本大震災で支援をいただいたブラジルの方々に感謝の思いを伝えたい」と話している。  ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

新学校、全て無料化 飯舘村教委

 飯舘村教委は、認定こども園と小中学校を飯舘中敷地内に集約し2018(平成30)年4月に開校する新学校の教育に関する費用を全て無料化する方針を固めた。これまで打ち出してきた特色ある教育に加え、費用負担軽減で村外に避難している世帯の子どもの通学者確保を...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

松川浦の青ノリ出荷再開へ 震災から7年ぶり

 相馬双葉漁協は今季、東日本大震災から7年ぶりに相馬市松川浦の青ノリの出荷を再開する。松川浦は東日本最大級で県内唯一の青ノリ生産地。今季から試験操業と位置付け、9月10日前後に種付けした後、来年2月から4月末まで出荷する。  19日に相馬市で開いた養...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

6年ぶり営業再開 富岡・夜の森の給油所

昔からの利用客の坂本さん(右)と近況を語り合う古室さん(中央)
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が4月に解除された富岡町夜の森南三丁目で19日、ガソリンスタンド「コムロENEOS(エネオス)夜の森SS」が約6年3カ月ぶりに営業を再開した。コムロ社長の古室良典さん(57)は「以前のように地域に愛される店にし...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

植樹通じ豊かな心育む 楢葉で「未来の森林づくり」

クロマツを植樹する参加者
 南相馬市で来年催される第69回全国植樹祭のプレイベント「子どもたちによる未来の森林(もり)づくり」は18日、楢葉町山田浜地内の海岸防災林造成地で行われた。  県相双農林事務所の主催、楢葉町などの共催。植樹を通じて子どもたちに自然や古里を愛する豊かな...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

多職種連携教育活動始まる 飯舘

安心して生活できる村づくりへの課題を探る学生たち
 東京電力福島第一原発事故による避難指示が一部を除き3月に解除された飯舘村の住民が医師や介護士を志す学生、医療・介護従事者、村職員らと村の医療福祉の在り方を一緒に考えるプレワークショップは17日、村交流センター「ふれ愛館」で行われ、安心して暮らせる村...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

ふたば未来高演劇部が公演 18日まで いわき

復興とは何かを考える作品を演じるふたば未来学園高演劇部の生徒
 広野町のふたば未来学園高演劇部6月公演は17、18の両日、いわき市のチームスマイル・いわきPITで開かれている。部員がオリジナル作「人生ゲーム THE DIE IS CAST」を演じている。  生徒が脚本や演出を担当し、東京電力福島第一原発事故後の...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

本棟竣工、国際拠点に 福島大環境放射能研究所

塚田副所長(中央)から解剖室の説明を受ける関係者
 福島大環境放射能研究所本棟の竣工(しゅんこう)式・除幕式は16日、福島市金谷川の同大で行われ、大学関係者らが国際研究拠点の完成を祝った。国内外の研究機関と連携を深め、東京電力福島第一原発事故からの環境回復と復興に寄与する研究を進める。  約100...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

6年3カ月ぶり営業 東邦銀行の浪江支店、双葉支店

再開した浪江支店・双葉支店で接客する行員(右)
 東邦銀行の浪江支店と双葉支店は16日、東京電力福島第一原発事故による避難指示が一部を除いて解除された浪江町内の一つの店舗で6年3カ月ぶりに営業を再開した。両支店の開店により、東日本大震災後に臨時休業していた同行の相双地区の6店舗全てが営業を始めた。...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

双葉郡の消防団再編検討 団員不足解決へ

 双葉郡8町村の消防団の再編成などを検討する「避難地域消防団再編支援会議」が発足し、15日に楢葉町で初会合を開いた。今後、消防団員不足など各町村の課題解決に向けて協議し、平成32年度までに地域消防体制の再構築を目指す。  会議は双葉郡8町村や消防団、...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

双葉駅駅舎改修へ 町が7月から基礎調査開始

整備に向けた基礎調査が始まるJR双葉駅=平成28年8月
 双葉町は、JR常磐線が全線開通する平成31年度末までにJR双葉駅の駅舎などを改修する方向で検討している。利用者の利便性向上を図るため駅を橋上化することや、復興のシンボルとなるような改修を想定しており、7月から改修に向けた基礎調査を行う。  15日に...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

水中調査ロボ公開 第一原発3号機へ7月投入

3号機に投入される水中ロボット。左側が前部
 国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝は15日、神奈川県横須賀市の研究施設で、東京電力福島第一原発3号機の原子炉格納容器内を調査する水中ロボットを公開した。調査は7月の予定で、原発事故で溶け落ちた溶融燃料(燃料デブリ)の確認を目指す。  3号機は底...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

夜の森に給油所、19日再開 「町民が立ち寄る場に」

再開に向け決意を新たにする古室さん(左から2人目)と従業員
 東京電力福島第一原発事故に伴う居住制限区域が4月に解除された富岡町夜の森で19日、ガソリンスタンド「コムロENEOS(エネオス)夜の森SS」が再開する。コムロ社長の古室良典さん(57)は「町民に立ち寄ってもらえる場所になればうれしい」と語る。  再...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

第二原発廃炉示さず 小早川次期東電社長 規制法加味し検討

 東京電力ホールディングス(HD)次期社長の小早川智明氏(53)=東京電力エナジーパートナー社長=は14日までに福島民報社のインタビューに応じた。福島第二原発の全基廃炉について「総合的に勘案して判断していく」と繰り返し、態度を明確にしなかった。一方で...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

損害ある限り賠償 小早川智明次期東電社長に聞く

 東京電力ホールディングス(HD)次期社長の小早川智明氏=東京電力エナジーパートナー社長=は福島民報社のインタビューで、福島第一原発事故に伴う賠償について「損害がある限り賠償していく方針に変わりはない」と強調した。(聞き手・編集局長 鞍田炎)  -原...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

若者帰還へ産業振興 川内村避難指示解除1年

若者や移住者の雇用の受け皿となることが期待される工業団地。急ピッチで造成工事が進む
 東京電力福島第一原発事故に伴い、川内村東部の荻、貝ノ坂両地区に設定されていた避難指示解除準備区域が解除され、村内の避難区域が全て解消されてから14日で1年が経過した。人口の約8割が村内での生活を再開したが、居住者のうち65歳以上が約4割を占める。村...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東電福島担当特別顧問に就く 石崎芳行氏インタビュー

福島第一原発の視察者受け入れ体制を強化する考えを示す石崎氏
 東京電力福島復興本社代表を今月末で退き、福島担当特別顧問に就く石崎芳行氏(63)は13日までに福島民報社のインタビューに応じた。県や県議会などが求めている福島第二原発の廃炉の見通しについては未定とする一方、「新代表らと連携し、引き続き福島の復興に向...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

"笑い"プロから学ぶ 若松の大熊中で漫才講座

中村さん(左)からアドバイスを受ける生徒
 今年度から学校教育に「笑い」を取り入れている大熊町教委の「中学生漫才講座」は13日、避難先の会津若松市の大熊中仮設校舎で開かれ、生徒が吉本興業の芸人からネタ作りの基本を学んだ。  福島県住みます芸人のぺんぎんナッツの中村陽介さん、いなのこうすけさん...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

葛尾避難解除1年 生活環境整備進む 村民1割帰還

 東京電力福島第一原発事故に伴う葛尾村の居住制限、避難指示解除準備両区域が解除され、12日で1年を迎えた。今月1日現在、解除区域の人口1,304人(417世帯)のうち、147人(74世帯)が自宅に戻った。基幹産業である農業を再開する動きが出る一方、再...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

葛尾の将来語り合う 3大学参加しミーティング

復興に向けて支援策を語り合ったミーティング
 葛尾村の可能性や今後の展望について語り合う「かつらおサークルミーティング」は12日、村民会館で開かれ、村と連携協定を結んでいる3大学が支援策を発表した。  郡山女子大はエゴマの栽培拡大と凍(し)みもちのブランド化を進め、東北大は情報通信技術を活用し...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

4月1日現在子どもの避難 2万人下回る 1万8910人

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴い避難している県民のうち、18歳未満の子どもの数は4月1日現在、県内外合わせて1万8910人で、初めて2万人を下回った。前回調査時(平成28年10月1日現在)から1520人減った。  内訳は県内避難が1万2...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

岳温泉包む幻想の光 二本松でキャンドル・ナイト

ろうそくの火がゆらめく中で行われたライブ
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの本県の復興を願う「キャンドル・ナイト」は11日、二本松市の岳温泉で開かれた。歩行者天国となった温泉街のヒマラヤ大通りにろうそくの火がゆらめき、幻想的な雰囲気に包まれた。  キャンドルアーティストのキャンド...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

飯舘オリジナル品種 復興願いカボチャの種まき

豊作を祈り種をまく関係者
 イオンリテール東北カンパニーと飯舘村の「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」は10日、福島市松川町の畑で飯舘村オリジナル品種のカボチャ「いいたて雪っ娘」の種まきを行った。  イオングループの東日本大震災復興支援事業「にぎわい東北-つなげよう、...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

東北絆まつり開幕 11日まで仙台

「東北絆まつり」初日のイベント会場で相馬盆踊りを踊る相馬結の会のメンバー=10日、仙台市市民広場
 東北6県を代表する夏祭りが集う「東北絆まつり」は10日、仙台市中心部で開幕した。初日は出演者と来場者が一緒に踊る「東北一丸盆踊り」などが繰り広げられた。最終日の11日は午後1時半から、福島市の福島わらじまつりなど東北6県庁所在地の祭りが約1・1キロ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

笑ふるタウンの商業施設 出店事業者固まる 楢葉

 楢葉町の復興拠点「笑(えみ)ふるタウンならは」に、町が整備する公設商業施設の出店事業者がほぼ固まった。9日の町議会全員協議会で町側が報告した。食品スーパーには町内の仮設共同店舗「ここなら商店街」でブイチェーン楢葉店を営むネモト、ホームセンターにはコ...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「予算書」全戸に配布 飯舘村長、中学生に内容解説

CM制作に対する村の財政支援を菅野村長に要望する佐藤さん(右から3人目)
 飯舘村は村の財政を村民向けに分かりやすく解説した冊子「平成29年度までいな"みんなの"予算書~ただいまふるさと、新たな村づくりの挑戦~」を作成し、全戸配布した。菅野典雄村長が6月9日、福島市飯野町の仮設校舎で学ぶ飯舘中の生徒64人に初めて冊子を配り...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

いわきのIGCCを視察 在日大使館職員対象ツアー

IGCCについて説明を受ける在日大使館職員ら
 在日大使館職員を対象にしたスタディーツアーが8日、いわき市の常磐共同火力勿来発電所などで行われた。  県内を再生可能エネルギーの先進地とする政府の「福島新エネ社会構想」に理解を深めてもらおうと外務省が主催し、アメリカやドイツ、フランスなど14カ国の...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

出展者対象に説明会 「みちのくいいもんうまいもん」

販売会の説明を聞く参加者
 東日本大震災で被災した中小企業の販路拡大を支援する販売会「みちのく いいもん うまいもん」の出展者募集説明会は8日、郡山市民文化センターで開かれた。  中小企業基盤整備機構の主催、県、福島民報社などの共催。福島、岩手、宮城3県の食品や工芸品を扱う事...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

本棟完成、16日竣工 福島大環境放射能研

完成した環境放射能研究所本棟
 福島大は7日、福島市金谷川の同大に建設していた環境放射能研究所本棟が完成したと発表した。16日に竣工(しゅんこう)式を行う。共同研究室や国際会議を想定し150人収容可能な大会議室を備える。国際的研究拠点を目指し、放射性物質の環境への影響調査などを国...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

中間貯蔵一部試運転 除染土受け入れ・分別施設 環境省

 環境省は7日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染で生じた土などを保管するために建設中の中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)で、昨年11月に着工した双葉町側の「受け入れ・分別施設」の試運転を始めた。除染土の搬入口のような役割を担う施設で、試運転では草木など...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

富岡のふたば医療センター着工 来年4月診療開始

 双葉郡の2次救急医療の拠点として、県が富岡町本岡字王塚に新設する県立ふたば医療センター(仮称)の起工式は7日、現地で行われた。来年4月中の診療開始を目指す。開所後は、福島医大の医師が19人体制で交代勤務し、24時間365日対応する。  式には約70...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

浪江町に25億円賠償へ 町有地価値低下 公共財物で県内初 東電

 東京電力福島第一原発事故で浪江町の町有地の価値が低下したとして、町が東電に賠償請求していた約115億8600万円のうち25億円が支払われる見通しになった。6日、町関係者が明らかにした。原発事故に伴う公共財物の賠償金が支払われれば県内の自治体では初め...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

放射線リスク共有強化 国、風評対策やいじめ防止

 東京電力福島第一原発事故に伴う風評対策や避難した子どものいじめ防止に向け、国は放射線に関するリスクコミュニケーション(危険についての正確な情報や認識の共有)を強化する。これまでの各省庁の取り組みを総点検し、分かりやすい資料を作成する。  今月末にも...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

大輪のヒマワリ咲いて 大熊で種まき

ヒマワリの種を植える参加者
 県内の復興支援に取り組む沖縄県の団体「福島・沖縄絆プロジェクト」から大熊町に贈られたヒマワリの種まきは6日、大熊町の復興拠点・大川原地区の畑で行われた。  同プロジェクトは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、県内の支援と交流を目的に、毎年沖縄...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

全検体で検出下限値未満 県内学校給食モニタリング

 東京電力福島第一原発事故を受け県教委が行っている学校給食モニタリングで、平成28年度は26市町村と県立学校17校で調べた3954点全てで、放射性セシウム濃度が検出下限値(1キロ当たり1ベクレル)未満だった。6日に福島市で開かれたふくしま食の安全・安...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

3巡目 がん確定2人 子どもの甲状腺検査

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う県民健康調査の検討委員会は5日、福島市で開かれた。平成28年度に開始した3巡目の甲状腺検査(本格検査)の途中経過が公表され、2人ががんと確定し、他に2人ががんの疑いと診断された。3巡目でのがん確定は初めて...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

いいたて村の道の駅までい館 8月12日オープンへ

松田所長から登録証を受け取った菅野村長(中央)。右は井戸川所長
 飯舘村が村内深谷地区の県道原町川俣線沿いに復興拠点として整備している「いいたて村の道の駅までい館」が8月12日にオープンする見通しとなった。5日に村役場で行われた登録証伝達式で菅野典雄村長が明らかにした。  菅野村長は国土交通省磐城国道事務所の松田...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

浪江にLED防犯灯 東北電福島支店 東北電労県本部

馬場町長に目録を渡す(左から)遠藤委員長、星所長
 東北電力福島支店と東北電労県本部は5日、浪江町に発光ダイオード(LED)防犯灯50基を贈った。東京電力福島第一原発事故に伴う同町の避難区域の一部は3月末に解除されており、町内に明かりを増やすことで帰還した町民の安心安全につなげる。  贈呈式は町役場...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「伊達屋」双葉に復活 6号国道沿いのガソリンスタンド

「伊達屋 復活」の旗を手に思いを語る知成さん
 東京電力福島第一原発事故に伴い帰還困難区域となっている双葉町長塚の6号国道沿いで5日、同町の燃料会社「伊達屋」がガソリンスタンドの営業を再開した。社長の吉田知成さん(41)は「双葉町の復興に役立ちたい」と使命感を燃やす。  「伊達屋 復活」。復旧・...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

ベラルーシ派遣52人決定 福島子どもの未来を考える会

ベラルーシ派遣団員に決まった中学、高校生ら
 郡山市の一般社団法人「福島子どもの未来を考える会」が今夏、ベラルーシに派遣する中学・高校生52人が決まった。4日、初顔合わせとなる参加者説明会を郡山市労働福祉会館で開いた。同国は昭和61年に起きたチェルノブイリ原発事故の被害を受けており、生徒は「多...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

避難続く大熊町民と交流 若松でフェスタ

太鼓演奏を披露する熊町、大野両小の児童
 会津若松市の七日町通りまちなみ協議会は4日、市内の七日町市民広場で「大熊町&七日町めぐりあいフェスタ」を開催した。  会津若松市、大熊町、福島民報社などの後援。アサヒグループ商業コミュニティ事業の一環。東日本大震災から6年が経過した現在も避難生活が...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

消防団の広域連携支援 避難12市町村 復興庁と県

 復興庁と県は東京電力福島第一原発事故の避難区域が設定された12市町村の防災体制を強化するため、消防団の広域連携を支援する。団員確保や火災・災害で団員を派遣し合う仕組みなどを新たな専門会議で検討する。地域で住民の帰還状況に差がある中、自治体間の連携で...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

「いわきライキ」田植え フラガールや高校生PR

いわきライキの苗を植える参加者
 いわき産コシヒカリのブランド米「いわきライキ」の販売促進に取り組む「Iwaki Laiki」戦略ブランド化推進本部は3日、いわき市山田町の水田でいわきライキの田植え式を行った。  東京電力福島第一原発事故による農産物の風評払拭(ふっしょく)やいわき...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

バイク愛好家魅力語る 楢葉で集い

バイクの話で親睦を深める参加者
 バイク愛好家が集う「キャンプミーティング」は3日、楢葉町の天神岬スポーツ公園で開かれた。参加者はたき火を囲み、お酒を飲みながらバイクの魅力について語り合った。  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故のため楢葉町からいわき市に避難しているバイク愛好...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故

若者の心ケア充実を 政府の復興推進委 意見相次ぐ

復興の現状把握や課題解決に向け、あいさつする吉野氏(前列右から2人目)。前列左は内堀知事
 東日本大震災からの復興の現状や課題を話し合う政府の復興推進委員会(委員長・伊藤元重学習院大教授)は2日、東京都千代田区の復興庁で開かれ、若い世代の心のケアの充実を求める意見が相次いだ。  会合は一部を除き非公開で開催した。終了後に取材に応じた伊藤委...[記事全文

カテゴリー:福島第一原発事故