おでかけ

3月11日 復興音楽祭 40団体が多彩なショー 白河コミネス

来場を呼び掛ける浅川実行委員長(右)と吉田さん
 しらかわ音楽の祭典事業「震災復興音楽祭-希望-」は東日本大震災から6年となる3月11日、白河市の白河文化交流館コミネスで開かれる。  実行委員会と市、市教委の主催、県、白河文化交流館コミネスの共催。一般公募の市民ステージと、テレビのコメンテーターと...[記事全文

県立美術館の所蔵・寄託作品展が開幕 子どもの解説も

版画集の解説をする伊藤課長(右)
 県立美術館の所蔵・寄託作品を紹介する企画展「GalleryF コレクション再発見 2期」は2月18日、福島市の同美術館で開幕した。3月12日まで企画展示室をギャラリーに見立て、3つの展覧会を催している。  版画家・秀島由己男の収蔵作品、日本洋画の先...[記事全文

2月18日県立美術館で企画展開幕 見どころは中学生企画

福島四中の生徒が手掛けた展覧会の会場とアートカードを示す職員
 福島市の県立美術館で2月18日に所蔵・寄託作品を紹介する企画展「GalleryF コレクション再発見 2期」が開幕する。3月12日まで独創的な三つの展覧会を繰り広げる。  福島四中の生徒が企画した「しあわせアートプロジェクト」が見どころ。生徒が「し...[記事全文

2月18日から福島で展示 災害事故防止習字・ポスター

開場準備が進む会場
 県PTA連合会の第40回子どもの災害事故防止習字・ポスター展は2月18日に福島市の県青少年会館で始まる。3月5日まで。  県内小中学生を対象に習字の部とポスターの部で作品を募り、計1935点が寄せられた。6、7の両日の審査で各賞を決めた。  17日...[記事全文

内装一新、買い物しやすく 道の駅湯川・坂下の物産館

開放感のある売り場に生まれ変わった物産館
 湯川村の道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」は2月16日から施設内の物産販売所「あいづ物産館」の内装を一新して営業している。  売り場全体が見渡せる開放的な空間をつくり、ゆっくりと買い物ができる。レジの位置は利用者に分かりやすい入り口付近に移動した。あ...[記事全文

つるつるの恩返し 「熊本支援」只見雪まつり前夜祭

ライトアップされた熊本城の大雪像。くまモン(左)も駆け付けた
 第45回只見ふるさとの雪まつりは2月11、12の両日、只見町のJR只見駅前広場で催される。10日の前夜祭では熊本城の大雪像がライトアップされた。  実行委員会の主催。平成23年の新潟・福島豪雨で熊本県民から支援を受けた恩返しに「熊本復興応援」をテー...[記事全文

事業再開 大堀相馬焼7窯元 3月3日から福島空港で新作展

新作展へ意欲を見せる山田さん(前列右)ら
 東京電力福島第一原発事故で避難し浪江町外で事業を再開している大堀相馬焼の7窯元は、3月3日から5日まで春の新作展を玉川村の福島空港ターミナルビルで開く。  二本松市の大堀相馬焼協同組合の組合事務所で2月10日、理事会を開き、概要を決めた。  新作展...[記事全文

会津産雪下野菜を販売 イオンリテール東北42店舗で

会津地区の雪下野菜を買い求める客=イオン仙台中山店
 イオンリテールは2月11、12日の両日、東北地区のイオン、イオンスタイル42店舗で会津地区など東北各地の雪下野菜を販売する。同社が平成28年度に取り組んでいる復興支援事業「にぎわい東北-つなげよう、ふるさとのチカラ」の一環。  イオン仙台中山店(仙...[記事全文

ランクル走り体感 2月11日から磐梯

雪上で走行性能を体験できる試乗会
 福島トヨタ自動車の雪上試乗イベント「ランドクルーザーフェス」は2月11、12の両日に磐梯町の星野リゾートアルツ磐梯で開かれる。  リフト代わりにゲレンデでスキー客らを運ぶ他、特設コースで同乗体験してもらう。ダカールラリー市販車部門で4連覇したチーム...[記事全文

3月10日郡山で慈善コンサート 高校進学生入学援助

 「夜回り先生」として知られる水谷修さんが中心となって立ち上げた東日本大震災復興支援高校進学生入学援助プロジェクトで、さだまさしさん、泉谷しげるさん、宇崎竜童さんが初共演するチャリティーコンサート「忘れない福島命煌(いのちきらめく)」が3月10日午後...[記事全文

最近の記事