おでかけ

  • Check

富岡の歴史振り返る 9日からいわき 企画展開催

富岡町の企画展をPRする関係者

 東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く福島県富岡町と町教委は9日から、いわき市のいわき明星大で、町の歴史を振り返る企画展と、東日本大震災と原発事故の被災状況を伝える展示会を同時開催する。14日まで。
 町制施行60周年記念事業で、町民らが古里への思いを再確認する機会として企画した。町は震災後、地域の歴史・文化の喪失を防ごうと、庁内にプロジェクトチームを設けて民間などに残る古文書や、東日本大震災と原発事故の複合災害の影響を示す物品の収集に取り組んできた。
 町の歴史の企画展では旧石器・縄文時代から近代、現代までの町の変遷や成り立ちを、遺跡や文書、写真などを通して紹介する。震災遺産の展示では、複合災害を象徴するJR富岡駅構内などの物品を展示する。実物大の3D映像で同駅や町災害対策本部跡などの震災遺産を疑似体験できるコーナーも設ける。時間は午前10時から午後4時(最終日は午後3時)まで。

カテゴリー:歴史・伝統

「歴史・伝統」の最新記事

>> 一覧

おでかけの最新記事

>> 一覧