おでかけ

  • Check

再生エネ研究知って 2月3日、福島で発表会

研究成果発表会への参加を呼び掛ける三瓶参事

 県、県産業振興センター主催の「再生可能エネルギー先駆けの地・ふくしま最終研究成果発表会」は2月3日午後1時から福島市の杉妻会館で開かれる。1月30日まで参加者を募っている。
 再生可能エネルギーの研究開発と事業化を目的とした文部科学省の地域イノベーション戦略支援プログラムが3月で終了するのを受けて開催する。福島大など4大学の研究者が次世代太陽電池や小型風力発電システム、熱電発電システム、浅部地中熱利用など5年間にわたる研究成果を発表する。
 参加無料で、定員は200人。発表会終了後、交流会も催す。参加費は4000円。希望者は県産業振興センターのホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入してファクスで申し込む。
 問い合わせは同センター技術支援部地域イノベ事務局 電話024(963)0121へ。
 同センター技術支援部の三瓶富雄参事は10日、福島民報郡山本社を訪れ、「多くの企業に参加してもらい、事業化につなげてほしい」と参加を呼び掛けた。

おでかけの最新記事

>> 一覧