おでかけ

  • Check

映像で知る須賀川 1月15日「ミニ講座」、参加無料

 福島民報社の「ふるさと大好き59市町村応援プロジェクト」の須賀川市「ミニ講座」は1月15日、市内中町の地域交流館ボタンで開かれる。
 午後1時半から「映像で知る須賀川の歴史、文化、産業」と題して上映会を開く。運営協力の須賀川知る古会(影山章子会長)は地域の歴史、文化の継承を願い、街の活性化を目指してさまざまな活動を行っている。
 今回の映像は、昨年11月、県立博物館開館30周年記念特集展関連イベントの内容。解説会&トークイベント「絵馬からよみとく地域の歴史」の約80分を収めた。同博物館主任学芸員の内山大介氏、同知る古会の会員らが市内の旭ケ岡公園内にある朝日稲荷神社の奉納絵馬から地元の歴史、文化などを解説している。絵馬は東日本大震災によって被災した同神社から文化財レスキューによって救出された。上映会後、参加者全員に"牡丹しるこ"を振る舞う。午後3時40分ごろ終了予定。
 参加無料だが、事前申し込みが必要。先着50人定員。申し込みは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ。

おでかけの最新記事

>> 一覧