おでかけ

  • Check

寒晒しそば風味堪能 喜多方・山都3月19日までまつり

おいしそうに、そばを頬張る親子連れ

 第20回会津山都寒晒(ざら)しそばまつりは3月18、19の両日、喜多方市山都体育館で開かれている。
 両日合わせて1200食以上が準備されている。初日は開幕と同時に多くの家族連れが来場し、打ちたての逸品を味わった。最終日の19日は当日券(1500円)を150枚用意しているが、なくなり次第終了となる。開場は午前10時から午後2時(閉場は3時)まで。問い合わせは実行委員会 電話0241(38)2254へ。
 まつりには、みやぎ会津会(宮城県)の須佐尚康会長(69)=東洋ワーク社長、金山町出身=ら約40人が訪れた。今年1月の同会第10回記念総会で会津山都そば協会(鈴木勝会長)の会員が手打ちそばを振る舞うなど交流を深めている。須佐会長は「今後も協力し、会津の魅力を全国に発信したい」と意気込んだ。

おでかけの最新記事

>> 一覧