おでかけ

  • Check

土湯で魚つかみを 女将会が夏の宿泊プランPR

宿泊プランをPRする(右から)末永庶務、佐久間庶務、渡辺いづみ会長、渡辺啓子副会長、加藤さん

 福島市土湯温泉の土湯女将(おかみ)美湯の会の渡辺いづみ会長(山水荘)らは7月13日、夏の宿泊プランPRのため福島民報社を訪れた。
 「集まれ!!土湯・家族で魚つかみ!!」のテーマで、荒川沿いの源泉公園での魚つかみと、照南湖での虫捕りや絵手紙の写生などを通して、周辺の大自然を満喫してもらう。
 期間は8月1日から10日まで(5日を除く)、17日から23日まで(19日を除く)。1日先着20人を受け付ける。7軒の旅館が宿泊プランを用意しており、料金はAプランが大人1人1万2500円(税込み)、子ども9000円(同)などとなっている。
 渡辺啓子副会長(山根屋)、佐久間郁子庶務(向瀧旅館)、末永由美子庶務(松雲閣)、土湯温泉観光協会の加藤舞さんが一緒に訪れた。
 プランの問い合わせはNPO法人土湯温泉観光まちづくり協議会 電話024(595)2217へ。

おでかけの最新記事

>> 一覧