おでかけ

2017年9月アーカイブ

秋季例大祭 五穀豊穣願う 郡山の安積国造神社で開幕

「朝日舞」を奉納する女子神職(中央)
 郡山市の安積国造神社の秋季例大祭は9月27日、開幕した。29日まで。  初日は本殿で式典を行い、氏子ら約80人が参列して五穀豊穣(ほうじょう)などを願った。安藤智重宮司が祝詞を奏上した後、女子神職が「朝日舞」を奉納した。福島民報社から鈴木俊哉郡山本...[記事全文

「さくら白桃」いかが 桜の聖母短大学生が販売

「セプテンバーピーチ」を販売する桜の聖母短大の学生
 福島市の桜の聖母短大のボランティアサークル「ミリアムローターアクトクラブ」は9月27日、同市のコラッセふくしまで晩成種のモモ「さくら白桃」を販売した。28日も同施設で販売する。  風評払拭(ふっしょく)を目的に、福島北ロータリークラブ、JAふくしま...[記事全文

趣向凝らした「かかし」ずらり 10月20日まで小野で祭り

趣向を凝らしたかかしを眺める家族
 小野町飯豊地区の住民らでつくる「かかし愛好会」は10月20日まで町内飯豊の三川羽生の池公園でかかし祭りを催している。  水稲の収穫期に合わせて製作するかかしを地域おこしにつなげようと2014(平成26)年に始まり、今年で4年目を迎えた。  地域住民...[記事全文

10月7、8日がん患者支援イベント 福島のとうスタ 夜通しリレーウオーク

参加を呼び掛ける池田さん
 がん患者を支援するチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017福島」は10月7、8の両日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で開かれる。トラックを夜通し歩き続けるリレーウオークを繰り広げる。  実行委員会と日...[記事全文

少子高齢化伝える 福島平和の文化と希望展 県内初

少子高齢化の現状を伝えるパネルが並ぶ会場
 「平和の文化と希望展 少子高齢社会を生きる」は9月26日、福島市のウィル福島アクティおろしまちで開幕した。10月1日まで。  創価学会「平和の文化と希望展」福島展実行委員会の主催、福島民報社などの後援。同学会が日本の少子高齢化の実態を広く知ってもら...[記事全文

笑顔の音楽、届けます 10月7日南相馬で公演 洗足学園音楽大生

コンサートをPRする石井教授(左)と橋口さん
 洗足学園音楽大(川崎市)の学生ボランティアらによる被災地支援チャリティーコンサートは10月7日午後1時から、南相馬市の市民文化会館ゆめはっとで開かれる。  同大は東日本大震災後、学生ボランティアと教員による被災地支援委員会をつくり、活動してきた。コ...[記事全文

にぎわい祭り来場を 10月1日サンバやものまねショー

来場を呼び掛ける五十嵐会長(右)
 会津美里町商工祭「にぎわい祭り」は10月1日午前9時半から、町内の横町門前町通りを中心に開く。恒例の浅草サンバカーニバルを招いたパレードや、斎藤京子ものまねショー、無料でニジマスつかみ取りなど多彩なイベントを催す。  町商工会などでつくる実行委員会...[記事全文

柳津の商店街が美術館に まちなか版画展開幕

武蔵野美大生の作品が並ぶ版画展
 柳津町中心部で9月23日、商店街を美術館に見立てて各店舗に版画を展示するプロジェクト「歩いて巡る まちなか版画展」が始まった。  晩年を町で過ごした世界的版画家の故斎藤清さん(会津坂下町出身)の生誕110年、斎藤清美術館の開館20周年を機に「版画の...[記事全文

9月30日、鏡石でオランダ秋祭り 3つのテーマ軸に催し多彩

秋祭りをPRする町職員
 「鏡石牧場の朝オランダ秋祭り」は9月30日午前10時から、JR鏡石駅前を中心に開かれる。  実行委員会の主催。スポーツ、音楽、オランダの3つのテーマを軸に、多彩なイベントを繰り広げる。三輪車レースやスケートボード教室、オランダ大道芸人ショーなどを催...[記事全文

写真集で現状伝える 未来会議双葉郡内を撮影

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、浜通り住民の交流活動に取り組んでいる団体「未来会議」のアーカイブチームは、双葉郡内を撮影した写真集「HOME」を発刊した。  長期間の避難を余儀なくされた地域で、手付かずの室内や解体前後の家屋の姿など、震災...[記事全文