おでかけ

  • Check

10月1日に吉田富三博士講演会 福島医大「がん征圧」考えよう

 浅川町出身のがん研究の先駆者・吉田富三博士の功績を記念した講演会「がん征圧の今」は10月1日午後1時半から福島市の福島医大で開かれる。
 一般財団法人浅川町吉田富三顕彰会の主催、福島民報社、福島医大、町民でつくる吉田富三顕彰会の共催。9月のがん征圧月間に合わせ、がんについて考えてもらおうと毎年開催している。
 3部構成で、1部はがん研究所名誉所長の北川知行氏が「小学生からのがん教育の現状と今後の課題」と題して講演する。2部は文科省がん教育の在り方に関する検討委員で、長男を小児がんで亡くし自身もがん経験がある前川育さんが「命を育むがん教育を考える」をテーマに講話する。3部は福島医大付属病院臨床腫瘍センター次長の松塚崇氏が「みなさんは緩和ケアを受けていますか?」と題して語る。
 入場無料。定員100人。入場希望者は27日までに名前、住所、電話番号、参加人数を事務局の福島民報社企画推進部に申し込む。問い合わせは企画推進部 電話024(531)4161へ。

おでかけの最新記事

>> 一覧