おでかけ

  • Check

10月11日街ぐるウオーク 若松中心市街地72店が参加

参加を呼び掛ける伊藤さん(右)と渡部さん

 秋の夜に会津若松市の中心市街地を飲み歩く第7回酒と食の祭典「会津街ぐるウオーク」は10月11日に催される。チケットの「街ぐるスタンプMAPシート」が9月12日に発売される。
 県社交飲食業生活衛生同業組合あいづ支部などでつくる実行委員会の主催、福島民報社の共催、リオン・ドールコーポレーションの特別協賛。居酒屋、スナックなど72店が参加する。
 希望者はMAPシート(前売り3500円、当日4000円)を購入する。午後6時半から10時半まで4つのブロックから最低1店ずつ計5店に入り、各店が指定した酒、つまみを楽しむ。5店を回り終えたら、ルネッサンス中の島で抽選する。東山温泉ペア宿泊券などが当たる。当日は会津若松市出身のシンガー・ソングライター琵奈子さんのミニライブなどのイベントも繰り広げる。
 前売りのMAPシートは市内のリオン・ドール神明通り、会津アピオ、滝沢、門田の各店、セブン-イレブン馬場町店、各参加店、七日町観光案内所、福島民報社会津若松支社で扱う。問い合わせは実行委員会 電話0242(23)9611へ。
 実行委の伊藤義一顧問、渡部浩史委員長はPRのため、福島民報社会津若松支社を訪れた。

おでかけの最新記事

>> 一覧