おでかけ

  • Check

10月4日から提灯祭り 二本松 関係者ら来社しPR

二本松の提灯祭りをPRする(左から)川島、乙部、大友、二階堂、鈴木の各氏

 県指定重要無形民俗文化財「二本松の提灯(ちょうちん)祭り」は10月4日から6日まで、二本松市の中心市街地で開かれる。
 二本松神社例大祭提灯祭保存会、二本松若連連合会、二本松提灯祭実行委員会の主催。
 初日は午後5時から御神火(ごしんか)祭を二本松神社で行う。各町内から鈴なりの提灯を付けた7台の太鼓台が繰り出し、かがり火を紅ちょうちんに移す。若連が伝統のおはやしを響かせながら深夜まで練り歩く。
 2日目の本祭りは午前8時25分に二本松駅を出発し、二本松神社で宮詰を行う。最終日は4町と3町に分かれて合同引廻しを繰り広げる。問い合わせは二本松市観光連盟 電話0243(55)5122へ。
 主催団体の一つの二本松若連連合会の大友進会長は13日、PRのため福島民報社を訪れ、「353年目となる。歴史と伝統のある祭りを見に来てほしい」と語った。
 乙部辰則、川島広泰の両副会長、二階堂敬祐本町幹事、鈴木崇功会計が一緒に訪れた。

おでかけの最新記事

>> 一覧